FC2ブログ
 
■プロフィール

tw_dot_com

  • Author:tw_dot_com
  • 台湾人を嫁にもつ台湾に生きる日本人。日台混血二重国籍の息子と3人家族です。

    愛車は2016年12月ミニバン・トヨタウィッシュから買い換えたミニバン・トヨタシエンタ(台湾仕様)と2018年11月ハイブリッドカー・レクサスCT200hから買い換えた嫁用BMW120iMスポーツ(直噴ターボFR)で台湾中走り回ってます。
    続きを見る

■「YAHOO!JAPAN」に登録されました!
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■こちらにも参加してます

にほんブログ村 車ブログ 車 国産車へ

■こちらにも参加してます

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ

■こちらにも参加しています

アジアンブログランキングはこちらへ

■PVなんたら

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

Since Aug, 26, 2007

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

パンデミックに備えて桂林家樂福で買いだめ&阿官火鍋
WHOが新型インフルエンザ【H1N1】で【フェーズ4】を宣言したのを受けて、フェーズ6パンデミックに備えて今晩縮小コピーお迎えの後家樂福(カルフール)に夕食を兼ねて買い物に行くことにしました。

車2台で行くのも不経済なので、太太が車で幼稚園にお迎えに行き、私はバスとMRTで最寄り駅で待ち合わせと言うことにして、午後5時の蘆洲-MRT圓山無料シャトルバスで出かけました。
圓山站に着くまえに太太より電話がありMRT士林で待ち合わせということになったのでMRT圓山からMRT士林に移動するのですが、先日酔っ払って悠遊卡(非接触ICカード)を紛失してたので(1,000元近く入ってたのに、泣)圓山站で500元で新カード購入。

6時ごろMRTで士林站に着くとちょうど縮小コピーお迎えした太太と合流。

縮小コピーに「夕食何食べたい?」と聞いたら「火鍋食べたい」と言う。

う~ん火鍋かあ。この近辺の家樂福で火鍋があるところは(脳内サーチ中、しばらくお待ちください)。。 。。




       |
   \  __  /
   _ (m) _ピコーン
      |ミ|
   /  .`´  \
     ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (・∀・∩< そうだ、家樂福桂林店に香港火鍋の「阿官火鍋」あったわ。
    (つ  丿 \_________
    ⊂_ ノ
      (_)



脳内サーチ完了して、家樂福桂林店に向かいます。ここの店は縮小コピー大好きな「グルグル(駐車場螺旋車道)」もあるシナ。

家樂福桂林店に着き早速「阿官火鍋」で夕食。実は私は初めてだったりする。

トレンディでNOWなヤングな私(爆)は黒猪肉(黒豚ロース)火鍋(香港式スープ)をオーダー。
阿官火鍋

太太はいつもの通り鶏肉火鍋で香港式&トマトベーススープ。

太太に「H5N1(鳥)とH1N1(豚)で危ねえな」と言ったら怒られましたorz

オーダーすることしばし、私と太太の鍋が出てまいります。

そこでなぜか縮小コピーの機嫌が悪くなりました。

ああ、そうか前回は自分の鍋もあったのに今回は無いからか。
仕方ないので縮小コピーの鍋と追加で鶏肉団子、野菜(白菜)、玉子などをオーダー。

やっと自分の鍋が出てきて縮小コピー、現金にも俄然やる気が出てまいりまして、私が追加オーダーした白菜も良く食べる食べる。つみれ系や卵なども完食。太太のトマトスープも良く飲む。若いっていいな。

阿官火鍋の感想ですが、
値段:200元以上で台湾平均よりちょい高め。
味:港式高湯(香港式スープベース)の味はあっさりですが塩ラーメンスープというか日本のタンメンスープみたいで割と日本人好みの味。スープだけ結構お代わりしたもんな。
量:食べ放題ではないですが普通に満腹になれます。
質:食べ放題よりは割りと新鮮。

ということでリピートしたい味といえましょうか。

満腹になり、家樂福で買い物。

今回は浄水器も古くなってきたので3連フィルターの浄水器買ったり、日本製ネスカフェゴールドブレンド(マグカップ付き)が安かったので大人買いしたり、米や缶詰や縮小コピー用食材(北海道産チーズなど)買ったりで結局8,000元以上お買い物。COSTCOよりいっぱい使ってしまいました。 ↓ここをポチッとしてプリーズ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

スポンサーサイト

テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

台湾生活日記 | 23:16:19 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

留学