FC2ブログ
 
■プロフィール

tw_dot_com

  • Author:tw_dot_com
  • 台湾人を嫁にもつ台湾に生きる日本人。日台混血二重国籍の息子と3人家族です。

    愛車は2016年12月ミニバン・トヨタウィッシュから買い換えたミニバン・トヨタシエンタ(台湾仕様)と2018年11月ハイブリッドカー・レクサスCT200hから買い換えた嫁用BMW120iMスポーツ(直噴ターボFR)で台湾中走り回ってます。
    続きを見る

■「YAHOO!JAPAN」に登録されました!
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■こちらにも参加してます

にほんブログ村 車ブログ 車 国産車へ

■こちらにも参加してます

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ

■こちらにも参加しています

アジアンブログランキングはこちらへ

■PVなんたら

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

Since Aug, 26, 2007

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

TIIDA召回(リコール)通知が届く
朝バスで蘆洲に「出勤」しようとして守衛室を通ったら珍しく三重の管理人から「掛號(書留)が来てますよ」と言われ書留を受け取った。郵便物関係の宛先はほとんど蘆洲なので何かと思ったら差出人は裕隆日産。

ああなるほど、TIIDAは駐車場のある三重所属ということにしてあるので当然日産からの郵便物は三重に来るわけですな。

それで開封してみるとなんと召回(リコール)通知ですた!
TIIDAリコール通知

なんでも2006年5月10日から6月12日の間に生産されたTIIDAのリレーに使われているダイオードの一部に欠陥が見つかり、最悪の場合エンジン停止して再始動できなくなる可能性があり、無料で部品交換をするのでディーラー工場に持ってきてくれということでした。
それで日本の日産のサイトを見るとやはり日本でも10/28にリコールになってます。

「やはり」というのはこのTIIDA(初期ロット)を買ったときセールスが「台湾製TIIDAの初期ロットはほとんど日本からの部品で生産した」と言ってましたので日本から部品持ってきてるなら日本でリコールが出ればこれも必然的にリコール対象になるわな。

ただうちのTIIDAについてはリコールされているエンジン不調の症状は出ていないのでまあ問題はないと思いますがリコールというのなら近々交換させましょう。
↓ここをポチッとしてプリーズ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

スポンサーサイト

テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

カーライフ | 23:48:08 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

留学