FC2ブログ
 
■プロフィール

tw_dot_com

  • Author:tw_dot_com
  • 台湾人を嫁にもつ台湾に生きる日本人。日台混血二重国籍の息子と3人家族です。

    愛車は2016年12月ミニバン・トヨタウィッシュから買い換えたミニバン・トヨタシエンタ(台湾仕様)と2018年11月ハイブリッドカー・レクサスCT200hから買い換えた嫁用BMW120iMスポーツ(直噴ターボFR)で台湾中走り回ってます。
    続きを見る

■「YAHOO!JAPAN」に登録されました!
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■こちらにも参加してます

にほんブログ村 車ブログ 車 国産車へ

■こちらにも参加してます

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ

■こちらにも参加しています

アジアンブログランキングはこちらへ

■PVなんたら

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

Since Aug, 26, 2007

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

マンション過戸(名義変更)
さて多忙で私もちょっと忘れかけていた三重集賢路新築マンションですが(爆)、過戸(名義変更)を終え名実ともに我が家のものとなりました。でも昨晩飲みすぎて契約にもいかなかったのは内緒な(核)

私はリアル友人知人親族取引先にはこのブログの存在をほとんど告知しておりませんが、ひょんなことから日本側に一部に身バレいたしまして(まあ公開してるから検索とかでHITするのは仕方ないね)、
「次はベンツかぁ?(買えないって、爆)」
とか
「セカンドハウス買って羽振りいいねえ(以下説明します)」
とか
「成金だねぇ~(そう見られるのは心外)」
とか
「金持ちだねぇ~(なりたいなあ)」
とか言われているようですが、そういう意図や実態で2軒目のマンションを購入したわけではありません。
もちろん私と日系液晶装置関連企業勤務の太太を含めた世帯年収では台湾の平均以上であることは否定いたしません(原則的に支払は私ですが住宅ローン査定は太太の年収ベース)が、マンション購入そのものは鬼ローンですし、2軒目マンション購入の真の意図は「老後の年金代わり」です。
太太の預貯金(給与はほとんど預貯金と投資にまわしているらしい)と縮小コピー用の教育資金(これは私が飢え死にしても残るようにしている)だけでもローンは軽くなりますがこれは期待しても無駄だシナ。

私は日本でサラリーマンをやってた時に当然厚生年金に加入させられ毎月天引きで支払ってましたが、台湾に来てからは正直国民年金すら払っておりません。といいますか約20年前のサラリーマン時代当時から公的年金破綻は想定してましたので、大手保険会社の少々の個人年金保険のみが老後の支えみたいなものでした。
また台湾でも年金制度は始まっておりますが、外国人である私は当然無関係。そうなると私自身の老後の保障といえるのは保険会社の年金保険と子供しか無いわけです。
ただ子供(縮小コピー)はいますが、老後子供のお荷物負担になるつもりは一切ありません。
「生涯現役一営業」で居られたらいいとは思いますが、仮に年取って商売もできなくなり年金もないという状況も考えて第2新居マンションは賃貸にでも出して年金代わりに毎月の生活費の足しにでもなればということで購入したわけです。つまり鬼ローン(現居と合わせて月4万元強)は将来への積み立て預金みたいなもん。完済して年取って私と太太が死ねば現居を含めてそのまま子供の資産にもなるしな(核爆)

老後民○党みたいなアホ売国政党が日本で政権をとっていて「図々しいもの勝ち」な日本になってれば、弱者を気取って日本政府に寄生するという手もあるが(皮肉だぞ、勘違いスンナ)

閑話休題。

今回購入した年金代わりマンション概要:
*エレベータつき14階建ての8階2LDK(高層の場合上に行くほど高く、また6Fや8Fは数字がいいので割と高め。逆に安めなのは4F)
*建坪は約29坪(ここから公共スペース分3割引かれるので実質は20坪程度)
*地下駐車場も購入(165万元)。台湾のマンションでは基本的に1戸1台駐車場を購入します。また駐車場は値引き無しですが売る時や賃貸時も値引き無しですし仮に売る時や賃貸に出すときも駐車場がないと買い手(貸し手)が付きにくい。
*地下バイク駐輪場も1戸1台分付き
*相場的にはこのあたりの新築は坪26万元くらいですが、22万元ちょいまで値切って駐車場込み総額800万元。
*捷運(MRT)淡水線士林站まで2km圏内且つ将来開通する「MRT環状線五華街站駅前」になるので資産価値高し。

「え?契約時点で自分のものじゃないの?」と思いますが、ここで一般的な台湾のマンション購入について軽く説明いたしましょう。

「このマンション買ったぁ~」と部屋を決めた時点でマンションを建設した建設会社と購入契約を結び手付金(数万元~10数万元)を払います。手付金全額キャッシュ払い以外はこの時点での所有者はまだ建設会社です。

そして数度の頭金及び手続きに関する費用支払い(今回は総額の2割)が終わり、銀行への住宅ローン申請が通った段階で全額支払いとなり晴れて建設会社からウチに名義変更が完了し名実ともにウチの資産となったというわけです。

さてこれから内装とか家具とか家電とかまだいろいろ金かかるなあ。。。いっそ賃貸に出すか(爆)
関連記事
スポンサーサイト
↓ここをポチッとしてプリーズ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

新居/住居 | 22:09:25 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
中国人には不動産購入OKと聞いていたのですが・・
>住宅ローン査定は太太の年収ベース
これは、管理人様が日本人、つまり中華圏以外の外国人だからですか?

お友達のお母様が、中和にマンション(かるふーるのほん近く、病院向かいのでっけぇマンションでした。)を今年の初めに購入されておりまして、今回初めてお邪魔したんですけど、もう入り口から高圧的。
守衛さんはどこのマンションにも居るんでしょうけど、日本人一人では、なかなか入れてもらえなくてタクシーで待ちぼうけ(w
日本のような、警備会社の遠隔監視より、ビビっておりました~。(兎のように小心者なので)


2009-08-16 日 16:56:11 | URL | 高雄人的横 [編集]
Re;中国人には不動産購入OKと聞いていたのですが・・
高雄人的横様こんばんは。

>これは、管理人様が日本人、つまり中華圏以外の外国人だからですか?

半分あたり!まず外国人ですとローン審査とか連帯保証人とかハードルが半端ないですし、そもそも私の公称(申告)収入ではまず住宅ローン通りませんな(核爆)

>お友達のお母様が、中和にマンション(かるふーるのほん近く、病院向かいのでっけぇマンションでした。)を今年の初めに購入されておりまして、今回初めてお邪魔したんですけど、もう入り口から高圧的。

最近のマンションはセキュリティ完璧ですからね。高圧的かどうかは知りませんがウチも結構管理体制は良いです。

>守衛さんはどこのマンションにも居るんでしょうけど、日本人一人では、なかなか入れてもらえなくてタクシーで待ちぼうけ(w
日本のような、警備会社の遠隔監視より、ビビっておりました~。(兎のように小心者なので)

逆に日本人のほうが守衛のガード甘そうな感じがしますがねえ。
よほどお金持ちのマンションなんでしょうか?(笑)
2009-08-17 月 00:29:56 | URL | 管理人 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

留学