FC2ブログ
 
■プロフィール

tw_dot_com

  • Author:tw_dot_com
  • 台湾人を嫁にもつ台湾に生きる日本人。日台混血二重国籍の息子と3人家族です。

    愛車は2016年12月ミニバン・トヨタウィッシュから買い換えたミニバン・トヨタシエンタ(台湾仕様)と2018年11月ハイブリッドカー・レクサスCT200hから買い換えた嫁用BMW120iMスポーツ(直噴ターボFR)で台湾中走り回ってます。
    続きを見る

■「YAHOO!JAPAN」に登録されました!
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■こちらにも参加してます

にほんブログ村 車ブログ 車 国産車へ

■こちらにも参加してます

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ

■こちらにも参加しています

アジアンブログランキングはこちらへ

■PVなんたら

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

Since Aug, 26, 2007

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

もうひとつの「内装工事」~ビフォーアフター【前編】
三重新居の内装工事もほぼ完成。そこで今回の内装屋に課した「もうひとつの内装工事」に取り掛かることにいたしました。

もうひとつの内装工事とは?


事務所にしている現蘆洲マンション1部屋のフローリング修理天井水漏り対策です。


まずはフローリング


現在蘆洲の自宅1部屋を仕事場兼事務所として使っており、日本語PC1台と中国語PC1台にそれぞれPCデスクと椅子、電話、コピー機能つき事務機などを置いて事務所の体裁を整えているのですが、以前カッコつけてキャスター付きの椅子を使っていたため、そのキャスターでフローリングはボロボロに(泣)

ボロボロになっただけではなくフローリングの表層の化粧板がいちいち醜く剥がれていたため、そこに応急でガムテープを貼ったらさらにみっともない状況になってしまいました。。。


もうひとつが天井からの水漏れ

最近蘆洲自宅の内装工事で作った天井から水漏れが激しく、これの対策も必要。管理人に聞いてみると他にも同様のケースがあり、どれも内装工事で作った天井から水漏れが発生。それぞれ業者を呼んで調査してみると建物の構造からではなくすべてのケースで各自で内装した木製の天井が湿気を吸い込み、吸い込まれた水分が限界点というか飽和点に達して内装の木材から水滴が出ているのでは?という。実際除湿機で除湿してみると半日でタンク満水状態に。

恐るべし台湾の湿気!


僥倖なことに三重新居ではできるだけ天井には木質素材を使わずスチールと珪素カルシウム系?のパネルの組み合わせなので湿気については対策済みらしい。でかした設計士!


ということで三重新居内装を終えた時点で上記2点の蘆洲自宅の対策も契約に入っておりますので、三重のほうがほぼ片付いたので次は契約通り蘆洲対策をすることになりました。

ただ水漏れは天井を開けてペンキの塗りなおしなどもあるため、ペンキの溶剤臭い対策(放置)にちょうど月末の日本帰国で9日間不在になるので帰国前にやれば良いという事にして、まずは事務所フローリング修理。

ただフローリングを全面的に張り替えるというのはコスト的にも工期的にも困難なので、今回はフローリングの上にそのままフローリング木目調塩ビ床材を現在のフローリングの上に貼り付けるという工法で対策することにいたしました。

しかしこれがまた大変。

火曜の午前中に工事をするという約束になっていたため、事務所内のPC2台とPCデスク、その他全部搬出しなければなりません。

これがまた大変な作業。

PCだけで2台、PCデスク、プリンター2台、その他仕事用に使っている収納など一切合財リビングに搬出する作業だけでほぼ半日かかりました。

そして午後11時半、やっと搬出完了。
やっと片付いた

これが問題のボロボロなフローリング
ひどい状態のフローリング

さてこれがどのように生まれ変わるでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト



↓ここをポチッとしてプリーズ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

新居/住居 | 23:38:33 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する