FC2ブログ
 
■プロフィール

tw_dot_com

  • Author:tw_dot_com
  • 台湾人を嫁にもつ台湾に生きる日本人。日台混血二重国籍の息子と3人家族です。

    愛車は2016年12月ミニバン・トヨタウィッシュから買い換えたミニバン・トヨタシエンタ(台湾仕様)と2018年11月ハイブリッドカー・レクサスCT200hから買い換えた嫁用BMW120iMスポーツ(直噴ターボFR)で台湾中走り回ってます。
    続きを見る

■「YAHOO!JAPAN」に登録されました!
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■こちらにも参加してます

にほんブログ村 車ブログ 車 国産車へ

■こちらにも参加してます

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ

■こちらにも参加しています

アジアンブログランキングはこちらへ

■PVなんたら

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

Since Aug, 26, 2007

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

2010春休み日本帰省3日目~富士急トーマスランドと富士箱根1泊旅行1日目後編
前編より続く。

3連休最終日で富士急ハイランド駐車場も大渋滞。
富士急ハイランド駐車場入口ゲートにて

今回の富士急ハイランド、まともに1日フリーパスなんぞ買うと結構な金額になりますが、爺が5人分のあるパスをもっているので我々夫婦と爺婆、そして小6の甥は無料。縮小コピーと姪の幼児2人分のみ購入して入場。JRパスといい今回の日本帰省はなんだか「パス」づいてますな(笑)

11時ごろ入場し、面白そうな絶叫マシーンを横目に目指すはもちろん「トーマスランド」です。もう我々大人は完全に付き添いモード&撮影モードなので絶叫マシーンは捨てたも同然。

ゲートを入るとまずは「トーマスとパーシーのわくわくランド」なるミニSLの列に並びます。これはトーマスパーシーの牽引するトロッコ列車に乗るというものでまあ子供が喜びそうなアトラクションではあります。(以後ほぼビデオ撮影のみで写真なし)

結構並んだ割にはユルいアトラクションでしたが、まあ子供が楽しんでいるから良しとしよう。

そして昼になったので園内に併設されている「K'Sカフェ」なるレストランで昼食。ここもハンバーグやカレーライス、お子様ランチなど完全にお子様向けメニュー満載。生ビール?何それ美味しいの?の世界ですわ(泣)

仕方なく我々はそれぞれチキンプレート、ハンバーグプレート、カレーライス、縮小コピーと姪っ子にはトーマス弁当箱付のランチボックス(お子様向け)をオーダー。
縮小コピーは恐らくランチボックスの量では足りないと判断して私のハンバーグプレートの大半を食べずに残しておいたところ、案の定縮小コピーがハンバーグや付け合せのスパゲティ、ポテトフライなど私に替わって完食してくれました。
こう書くとtw_dot_comよおまいは食わなくて大丈夫なのか?と思われるかもしれませんが、「遊園地メシ」にまったく期待していなかった私は中央道に入る前にマックのドライブスルーできっちり朝飯を食っていたのでした(同じようななもんか)。

そしていろいろ回って一番奥にある「ガタゴトだいぼうけん」
ガタゴトだいぼうけん

これがトーマスランド一番の大ネタらしく、途中で写真撮影があって出口で写真を購入するというよくあるシステムになってました。縮小コピーと姪っ子が一緒に乗って写ってたので1枚600円を2枚購入。これで1,200円ですよ。

すべてのメニューをこなしたらすでに4時。まあ絶叫マシーンのほうは2時間待ちとか書いてあったのでこんなもんです。
トーマスランド入口写真を忘れてたので帰りがけに一応パチリ。
トーマスランド入口

富士急ハイランドを出て、今晩の宿「時之栖(ときのすみか)」へ。
時之栖

ここは温泉と御殿場地ビールが有名らしく、なぜかサッカー場も併設しているという変わった温泉リゾートホテル。

部屋もツインベッド+ロフト+和室で7人部屋と合宿所みたいなつくりになってました。
時之栖の部屋

ホテルに着いたのが6時半だったので温泉の前にホテル内のバイキングレストラン「麦畑」で夕食。
麦畑

ここでは各種地ビール飲み放題!1日車の運転だったのでやっと飲めますよ(笑)

食事のあとは温泉。夜はそれなりに冷えるのでいかにも日本の温泉といった風情でゆっくりつかりました。
関連記事
スポンサーサイト



↓ここをポチッとしてプリーズ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

日本帰国 | 23:55:28 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する