FC2ブログ
 
■プロフィール

tw_dot_com

  • Author:tw_dot_com
  • 台湾人を嫁にもつ台湾に生きる日本人。日台混血二重国籍の息子と3人家族です。

    愛車は2016年12月ミニバン・トヨタウィッシュから買い換えたミニバン・トヨタシエンタ(台湾仕様)と2018年11月ハイブリッドカー・レクサスCT200hから買い換えた嫁用BMW120iMスポーツ(直噴ターボFR)で台湾中走り回ってます。
    続きを見る

■「YAHOO!JAPAN」に登録されました!
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■こちらにも参加してます

にほんブログ村 車ブログ 車 国産車へ

■こちらにも参加してます

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ

■こちらにも参加しています

アジアンブログランキングはこちらへ

■PVなんたら

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

Since Aug, 26, 2007

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

2010鬼月拝拝@蘆洲
さて今年もやってきました「旧暦7月鬼の月」。「鬼」というのは簡単に言うとこの月になるとあの世から戻ってくる悪霊で、日本の「お盆」にも相似性がありますね。

この月になると台湾のほとんどの家庭(特別な宗教をもつ家庭はのぞく)や会社などでは拝拝が行われます。

拝拝の内容は大雑把に言うと下記の3点がメイン
*三牲と呼ぶ肉、鳥、海鮮/果物、野菜/米/飲料、酒/乾物(カップ麺やお菓子など)などを鬼にお供えする
*線香を焚き礼拝
*金/銀紙と呼ばれるあの世のお金をお焚き上げする

このためこの季節になるとショッピングセンターやスーパーは大量にお供え物を購入する客で混み合いますが、これも消費を刺激して内需拡大に一役買っていると思うとこういう習慣も悪くはありませんね。

また一般的に各家庭でばらばらに行うと焼紙や線香の煙がすごかったり場所をとったりするわけで、たいていの社区(マンションなど)では管理委員会や自治会がとりまとめて日時を決めマンション住民合同で拝拝が行われる傾向にあるようです。

さて我が家の場合、昨年までは「蘆洲」だけでしたが今年からは「蘆洲」と「三重」の2箇所で鬼月拝拝となります。もし同日同時刻だと厄介だなと思っておりましたが今年は運よく蘆洲が22日午後、三重が29日午後とうまいこと分散されてひとまず安心(来年以降は不明)。

まずは1回目拝拝の蘆洲ですが、今年も宜蘭から生もの支援と義父母義妹の応援をいただきました。とくに生もの関係(肉、魚、イカ、野菜など)は義母が準備してくれるので大助かり。

我が家と義妹は昨晩台北入りし、義父母は当日午前中お供え物持って宜蘭から台北入りです。
例の刀削牛肉麺の昼食後、我が家もお供え物を持って1Fマンション表玄関先の会場へ。

すでに多くの住民がお供え。各家庭でそれぞれ趣向を凝らしていて見ているだけで楽しいです。
2010拝拝各家庭からお供え物がいろいろ@蘆洲

拝拝準備中@蘆洲。お焚き上げ用の炉と焼金紙用の網も準備されてました。
2010拝拝準備中@蘆洲


我が家のお供え物。黄色い線内が我が家の「陣地」です。お供え物にはそれぞれお線香をさします。ビールがあるのは私の誠意です(笑)
2010拝拝我が家のお供え物1@蘆洲

生ものはほぼ宜蘭からの支援です。
2010拝拝我が家のお供え物2@蘆洲


そして総幹事(管理主任)と管理委員会主任委員の音頭で皆さん拝拝し、ある程度時間がたったところで金紙と銀紙の2種類の「あの世のお金」をお焚き上げして拝拝もクライマックスに。
2010拝拝焼紙中@蘆洲


ご支援のお礼も兼ねて夜は近所のレストランで7人で会食。久しぶりの東北酸菜白肉鍋も大好評で、義父などは来週もお願いしている三重拝拝でもこれが食いたいとのこと(笑)
関連記事
スポンサーサイト



↓ここをポチッとしてプリーズ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

台湾冠婚葬祭/祝い事 | 23:09:08 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
いろいろと勉強になります。
ところで、これらのお供え物、最終的にはどうなるのですか?
誰かが撤収?それとも自分で持ち帰る事が出来るのでしょうか?
とにかく凄い量のお供えに驚きですw
2010-08-24 火 22:57:27 | URL | aki [編集]
aki様こんにちは

> いろいろと勉強になります。
> ところで、これらのお供え物、最終的にはどうなるのですか?
> 誰かが撤収?それとも自分で持ち帰る事が出来るのでしょうか?
> とにかく凄い量のお供えに驚きですw

基本的に家庭や会社などでの拝拝では日本でのお供え物と同様に神様(仏様)に出したものは後でお下がりとして「自家消費」です。これはお寺(廟)でも同じでお供えして拝拝したあとは持って帰ります。
2010-08-25 水 13:45:49 | URL | 管理人 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する