FC2ブログ
 
■プロフィール

tw_dot_com

  • Author:tw_dot_com
  • 台湾人を嫁にもつ台湾に生きる日本人。日台混血二重国籍の息子と3人家族です。

    愛車は2016年12月ミニバン・トヨタウィッシュから買い換えたミニバン・トヨタシエンタ(台湾仕様)と2018年11月ハイブリッドカー・レクサスCT200hから買い換えた嫁用BMW120iMスポーツ(直噴ターボFR)で台湾中走り回ってます。
    続きを見る

■「YAHOO!JAPAN」に登録されました!
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■こちらにも参加してます

にほんブログ村 車ブログ 車 国産車へ

■こちらにも参加してます

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ

■こちらにも参加しています

アジアンブログランキングはこちらへ

■PVなんたら

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

Since Aug, 26, 2007

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

WISH5年目の初回車検~台湾ユーザー車検事情
我が愛車WISHもいつの間にか購入から5年たちましてちょっと前に初車検の通知が届きました。

車輛定期檢驗通知單(車検通知書)。WISHは会社登録なので会社登記地である宜蘭の監理所(陸運局)からの通知ですが、車検そのものは別にどこの陸運局でもOK。
車輛定期檢驗通知單(車検通知)

ここで「台湾にも車検ってあるの?」とか「台湾の車検制度ってどうなってるの?」なんて疑問に思った方もいるかと思うので以下簡単に説明しましょう。

台湾では自動車、オートバイともに新車登録から5年目でまず1回目の車検があり、その後毎年1年毎に車検が必要になります。ここが日本との違うところで、

台湾:新車購入から5年目で初車検--その後1年ごと
日本:新車購入から3年目で初車検--その後2年に1回

こうしてみると仮に10年乗るとして台湾は車検5回(初回5年目、6/7/8/9年目)、日本は車検4回(初回3年目、5/7/9年目)で長く乗るならいろいろ問題はあるにしても日本の制度のほうがユーザには楽ですね(費用は除く)。
車検期限は新車登録日から5年目(以降1年ごと)の前後1ヶ月以内で、これを過ぎてしまうと当然罰金が発生します。

さて車検の方法ですが、これも日本と同様に修理工場など業者に委託する方法と自分で車を車検場に持っていって自分で行うユーザー車検の2通りありますのでもう期限(9/4)まで時間が無いことだし今回はユーザー車検と行きましょう(実は今回で2回目。以前乗っていたVWヴェントでユーザー車検そのものは体験済みだったりします)。
↓ここをポチッとしてプリーズ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ


台北地区を管轄する陸運局は台北縣樹林にあり、樹林の林さんたちと昼飯に例の牛肉麺を一緒に食べることにしていたので午前中に車検を済ませるべく9時半ごろに蘆洲を出発します。しかし台風3連発が来ているという割にはいい天気です。

30分ほどで樹林の台北區監理所(台北陸運局)に到着しました。台湾では日本と違い車検や登録、また運転免許関係の試験や更新も全て監理所(站)で手続きとなります。
台北區監理所(台北陸運局)

ユーザー車検そのものは今回で2回目ですが前回は10年ほど前だったのですっかり手続きを忘れていたのでまずは車を停めて窓口に聞きに行くとユーザー車検は自分の車で2番レーンそのまま入ったところで手続きしてくれといわれたのでそのまま決行しましょう。

WISH83,395kmで5年目の車検。まだまだ乗るぞ。
WISH83,395kmで5年目の車検

車検場へのレーン。1、3番レーンが委託業者(小型車)、4番レーンが大型車とバイクで、私が行くユーザー車検は2番の親辦車道(ユーザー車検レーン)になってます。しかしなぜか車道が一番狭いような(笑)
中央の2番レーンが親辦車道(ユーザー車検レーン、ちゃんとPERSONAL LANEと書いてありますね)


車検場全景。台風が3つ来ている割には本当にいい天気(笑)
車検所全景

そのまま第2レーンに進入するとユーザー車検レーンとなります。入ってすぐ入口左の料金所みたいなところ(オッサンのとなり)で行照(車検証)と有効1年以上の自動車保険証を提示して違反や税金未納/保険チェックし車検代450元支払い車検開始です。
親辦車道(ユーザー車検レーン)に進入

まずはエンジンかけっぱなしでセンサーつきの棒をマフラーに入れて排気チェックと前後輪を鉄板の上に乗せてアライメントチェック。

ここが合格したら次に進みそれぞれ前後タイヤを回転ローラーに乗せます。そして「ブレーキを強く踏んで」という指示でブレーキを強く踏んで前後ブレーキチェック。

ここで問題なければ最後のところでライトとウインカーをそれぞれ点灯して灯火チェックとボンネット開けてエンジンルームチェックして問題なければここで車検合格。実質5分くらいで車検終わりなので正直金払って業者に頼むのがアホらしくなるくらいですわ(笑)。

エンジンルームチェック中。
最後のエンジンルームチェック

無事車検合格しましたが汽車行車執照(車検証にあたる)の期限が切れていたので、ロビーの30番受付で200元払って更新しこれでユーザー車検全行程完了しました。

新しい汽車行車執照(車検証)。しかし有効期限はやはり1年(民国100年8月4日)なので来年も車検です(泣
汽車行車執照(車検証、表)汽車行車執照(車検証、裏)

~「天下第一好吃牛肉麺」編に続く~
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

カーライフ | 13:44:59 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
年車検は面倒すね。 しかしながら費用は魅力的な感じですねぇ~
走行距離が流石!というか凄いですねw
2010-09-02 木 23:42:49 | URL | aki [編集]
aki様こんにちは。

> 年車検は面倒すね。 しかしながら費用は魅力的な感じですねぇ~

新車から5年間はほっておけるので5年ごとに乗り換えれば車検は不要ですけどね。
税金とは保険はすでに払っているので結局車検のみですと650元でした。

> 走行距離が流石!というか凄いですねw

もう1台のTIIDAは4年で13万5千ともっとすごいです。
2010-09-03 金 13:41:27 | URL | 管理人 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-09-08 水 20:35:43 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する