FC2ブログ
 
■プロフィール

tw_dot_com

  • Author:tw_dot_com
  • 台湾人を嫁にもつ台湾に生きる日本人。日台混血二重国籍の息子と3人家族です。

    愛車は2016年12月ミニバン・トヨタウィッシュから買い換えたミニバン・トヨタシエンタ(台湾仕様)と2018年11月ハイブリッドカー・レクサスCT200hから買い換えた嫁用BMW120iMスポーツ(直噴ターボFR)で台湾中走り回ってます。
    続きを見る

■「YAHOO!JAPAN」に登録されました!
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■こちらにも参加してます

にほんブログ村 車ブログ 車 国産車へ

■こちらにも参加してます

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ

■こちらにも参加しています

アジアンブログランキングはこちらへ

■PVなんたら

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

Since Aug, 26, 2007

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

松山機場-羽田国際空港BR190初搭乗【松山空港編】~201011日本帰国1日目
松山-羽田便で日本帰国1日目。結局エバー航空の無料エアチケット使うため日本に行く太太も往復とも同じフライトになってしまい2人で日本帰国することになってしまいました(飛行機は1人で乗るのが好きなのに。。)。今回は2人で行くので子供は前日に中間点である汐止COSTCOで宜蘭爺婆に預けて宜蘭でお留守番です。

今回のスケジュールは、
1日目:帰国
2日目:運転免許更新-取引先訪問
3日目:伊東温泉1泊旅行(太太が温泉入って海鮮料理食いたいと)
4日目:伊東温泉1泊旅行
5日目:台湾帰国
と相変わらずギッシリ。

今まで桃園空港発着では蘆洲から車で行って空港パーキングに駐車していましたが、今回は松山空港なので三重から無料バスとMRTを乗り継いでいくことになってます。でも荷物があると結構キツイですよねこれ。私の場合は子供なしの4泊くらいだと荷物も少ないんですがちょうど日本にサンプル持って行くことになっているので結局スーツケースとPC用&機内持ち込み用にバックパック持って行くことになっちまいました。

さてまずは三重住居の目の前にあるバス停から無料バスでMRT蘆洲線の三民國中駅へ。先日下見しておいたのでフライト当日一番無駄の無いルート確立できてたのは良かったです。
MRT蘆洲線三民國中駅MRT蘆洲線三民國中駅2
しかしバスの待ち時間がかかったのとバスがゆっくり走りすぎで三重から駅まで予想以上に時間かかってしまいちょっとマズイかな。
↓ここをポチッとしてプリーズ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ


無事MRT蘆洲線に乗ったまではいいのですが、ここまでバス時間待ちやらなんやらでロスタイムが出たので「松山空港まで全てMRTで移動」という当初の予定を変更し、MRT蘆洲線では一番松山空港に近い「行天宮駅」でMRTを降りて結局タクシーで松山空港に移動。

3時過ぎに松山でチェックインしたところすでにBR190便はクローズしていたのですが、何とかチェックインを終えて一安心。太太は先に入るというので私は一服してから受付がカワイかった國泰世華で旅行保険購入。子供いると仕方ないよね。

2Fイミグレに向かうエスカレータにて。いくら市内乗り入れで舞い上がってるからってさすがに東京と台北が「1日生活圏」は無いだろう(笑)
羽田-松山で1日生活圏?

松山空港國際線イミグレは以前の国内線専用時代とほぼ変わらず何とも簡単にクリアしたのは良いのですが、松山空港待合フロアも前の国内線にショボイ免税店1軒追加したくらいのもので、喫茶店1軒、免税品1軒と首都の国際線ターミナルとしては寂しい限りで、帰国前に免税店で買い物したいという観光客は絶対ガッカリするでしょう。

仕方ないので1軒ある喫茶店で缶ビール買いPCを開いて無線LAN試したら無線LANは問題なし。やはりここは観光というよりビジネスユース國際空港の位置づけが相応しいかな。

チェックインが遅かったこともあり割と早く搭乗案内が出たので定番の機体写真撮影。
貨物搬入中のエバー航空A330。狭い松山ではこれが最大限の機体でしょうか。
陽明山をバックにエバー航空BR190@松山

隣にはANAの羽田行き。日本人はあちらのほうが多いか。
松山空港にてエバー機とANA

ほぼ定刻に出発。こういうときは乗客の少ない機体は早いですね。松山の発着便数もあるのかな?

せっかくなのでエバー航空BR190松山-羽田行きの機内食も撮影しました。料理については豚と鶏というので勿論豚の角煮を選択。角煮は塩味が効いていてビールのいいつまみになりました(笑)
エバー航空BR190羽田行きの機内食

~羽田空港編に続く~
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

日本帰国 | 22:29:02 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
一日生活圏について、中華航空の羽田→松山 松山→羽田ですと、日帰り台北旅行・出張がなんとか出来そうなんで、おそらくソレの事でしょう。

日帰り旅行するなら、空港で車を借りて、陽明山あたりで温泉・ドライブをつい考えてしまいます。
2010-11-23 火 14:28:53 | URL | sepatakurou [編集]
sepatakurou様こんばんは。

> 一日生活圏について、中華航空の羽田→松山 松山→羽田ですと、日帰り台北旅行・出張がなんとか出来そうなんで、おそらくソレの事でしょう。

広告の言いたいことはわかりますが。。。往復6時間で滞在が2~3時間って。。。

> 日帰り旅行するなら、空港で車を借りて、陽明山あたりで温泉・ドライブをつい考えてしまいます。

それ結局2泊は必要では?(笑)
2010-11-23 火 20:05:39 | URL | 管理人 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

留学