FC2ブログ
 
■プロフィール

tw_dot_com

  • Author:tw_dot_com
  • 台湾人を嫁にもつ台湾に生きる日本人。日台混血二重国籍の息子と3人家族です。

    愛車は2016年12月ミニバン・トヨタウィッシュから買い換えたミニバン・トヨタシエンタ(台湾仕様)と2018年11月ハイブリッドカー・レクサスCT200hから買い換えた嫁用BMW120iMスポーツ(直噴ターボFR)で台湾中走り回ってます。
    続きを見る

■「YAHOO!JAPAN」に登録されました!
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■こちらにも参加してます

にほんブログ村 車ブログ 車 国産車へ

■こちらにも参加してます

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ

■こちらにも参加しています

アジアンブログランキングはこちらへ

■PVなんたら

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

Since Aug, 26, 2007

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

松山機場-羽田国際空港BR190初搭乗【APEC羽田空港編】~201011日本帰国1日目
前編より続きます。

私にとって台湾-羽田便といえばその昔中華航空が羽田発着だった頃、たまたま羽田空港新C滑走路開業当日に中華航空で日本帰国したんですよ。そしたら「降りる滑走路を間違えた(爆)」とかで滑走路と滑走路の中ほどで立ち往生!しかし何しろ離着陸の過密な羽田空港、着陸がひたすら続いてなかなか滑走路を横断するタイミングが掴めずに小一時間ほど機内で待たされたという事件や、別の帰国時にやはり中華航空の夕方の便で羽田から台湾に帰国する時、自分の機のちょっと前に出発した日航機が駿河湾上空でニアミス事故を起こしたせいでニアミス事故機の緊急着陸待ちのため滑走路が封鎖されてやはり機内で小一時間待たされたりと、羽田でもいろいろありました。

そんな羽田空港ですが今回のエバー航空BR0190はほぼ定刻通り無事羽田空港に着陸。やるな長榮航空。しかし着陸はANAの整備工場を横目に見てのものだったので出来立てホヤホヤの新D滑走路ではなかったのがちょっと残念。

羽田に到着したBR190.こうしてみると羽田国際線の館内はリニューアル後の成田第一ターミナルに雰囲気が似てるような気がします。
エバーBR190羽田空港到着
↓ここをポチッとしてプリーズ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ


まだ就航数が少ないせいかイミグレも混雑はなくすぐにバゲッジクレイムへ。

本当は撮影禁止だけど荷物が出てくるのを待っている間に撮っちゃいました。
羽田国際線バゲッジクレーム

松山でのチェックインが遅かったせいか太太と私の荷物2個も早々と出てきたので荷物2個をカートに積んでサクッと税関を通過し、いよいよファシスト売国奴政府が統治する日本入国です(爆)

入国ロビーに出ると、APEC JAPAN2010なる大きな看板がお出迎え。そうでしたそういえばAPEC開催中だったんですね、それも地元横浜で。
羽田空港国際線のAPEC2010看板

ロビーは国際空港入国ロビーというより駅構内のような感じ。ロビーに喫煙ルームがあるところは高評価。
羽田国際線到着ロビー


さて一服したので京急線に行きましょうか。

京急前にもAPEC。しかし警備は思ったほど厳重でもなくちょっと拍子抜け。
京急羽田空港国際線駅前のAPEC2010看板

京急改札近くには羽田開業記念ポスター。
羽田空港国際線開業記念ポスター

京急線は入国ロビーと同じフロアで繋がっており乗り換えは便利です。この柱の向こうに警備の警官が居ます。
京急線羽田国際ターミナル駅改札

さすが新しいのできれいです。カートもそのまま入れるのでカートを押したままエレベータでホームに出られるのも便利。でも下車駅はたいていそんなの無いでしょうからあくまでも羽田スペシャル特典ですが。
京急線羽田国際ターミナル駅ホーム

本来のプランでは羽田発横浜方面の直通特急があったのでそれに乗ろうと思っていたのですが、思いのほか早く着いてしまい時間を持て余してしまうのと荷物もあるので一旦品川に出てウィング号で上大岡まで出ようと次の急行成田行きに乗ることにいたしました。
京成成田行き。新しい駅だけに安全なホームドア付です。
京急線羽田国際ターミナル駅はホームドア付

杉田まで迎えに来てもらい横浜実家に戻って刺身をつまみに焼酎で一杯。刺身で一杯というのがやはり日本ですね。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

日本帰国 | 23:47:06 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する