FC2ブログ
 
■プロフィール

tw_dot_com

  • Author:tw_dot_com
  • 台湾人を嫁にもつ台湾に生きる日本人。日台混血二重国籍の息子と3人家族です。

    愛車は2016年12月ミニバン・トヨタウィッシュから買い換えたミニバン・トヨタシエンタ(台湾仕様)と2018年11月ハイブリッドカー・レクサスCT200hから買い換えた嫁用BMW120iMスポーツ(直噴ターボFR)で台湾中走り回ってます。
    続きを見る

■「YAHOO!JAPAN」に登録されました!
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■こちらにも参加してます

にほんブログ村 車ブログ 車 国産車へ

■こちらにも参加してます

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ

■こちらにも参加しています

アジアンブログランキングはこちらへ

■PVなんたら

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

Since Aug, 26, 2007

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

日月潭雲品酒店泊で1泊2日南投家族旅行1日目
さてNHK地球ラジオ出演と前後してしまいましたが、以前無料宿泊券をゲットした日月潭雲品酒店宿泊と日月潭ロープウェイ初乗り&九族文化村観光という目的で1泊2日南投家族旅行に行ってまいりました。

本日は移動と日月潭雲品酒店でユッタリマッタリ過ごすのが目的なので昼過ぎにTIIDAで三重を出発。台中霧峰から国道6号(高速埔里線)で日月潭を目指します。良いお天気でまさにドライブ日和です。
国道6号愛蘭インター
↓ここをポチッとしてプリーズ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ


愛蘭インター(名前が良いですね)で高速を降りそのまま道なりに日月潭に直行。ナビ(元々無いですが、笑)も地図も使わないので以前は「この道で大丈夫?」と聞いていた太太も最近は何も言わなくなりましたわ(笑)。つーか移動中に景色も見ないでいつも寝てるから道覚えないんだよなあ(爆)

途中の7-11でビールなどを買い込み午後4時少し前にまさにドンぴしゃりで本日のホテル日月潭雲品酒店到着。地下駐車場に車を停めて早速太太がチェックイン。

日月潭雲品酒店表玄関。"日本人幼児"が噴水と戯れてます。
雲品酒店正面

お部屋。左のガラス引き戸の外はテラスになっていて日月潭が一望できます。テラスにはベンチとテーブルもあるのであとで湖の景色を眺めながらビールでも一杯。。。と。
雲品酒店のレイクビュー部屋

こちらはバスルーム。お湯は温泉で"美人湯”なんだそうです。元々このホテルのあった場所は例の921大地震で倒壊した中信ホテルのあった場所なので温泉が出ても不思議ではないです。
雲品酒店の部屋温泉風呂
↑ただロールカーテンの隙間が大きいので角度によっては外から見られちゃいます。まあオサーンである私と縮小コピーには誰かに見られても減る物じゃないので関係ないことですが(爆)

トイレはシャワーつき便座も完備。汚ねえ尻のままウチのバスタブ入んなやゴルァ!!」という高級ホテルの強い意志を感じさせる逸品でございますので、ワタクシも"その節には(←色に注意)"お世話になることにいたしましょう(笑)
雲品酒店のウォシュレットトイレ


ではテラスに出てみましょう。

テラスからの日月潭レイクビュー。写真中央の平べったい島は台湾最小の島だとか。当然この景色ですから辛抱たまらずもうビール飲んでます。
雲品酒店日月潭レイクビュー1

左側棟の宿泊客もテラスに出てきてビデオまわしたり写真撮ったりしてますが、正直うちらの部屋のほうが湖と真正面になるので見晴らしは良いと思います。
雲品酒店日月潭レイクビュー2


だんだん陽がかげってきたので7時半開始のバイキングディナー前にホテル館内探検に出かけましょうか。
日月潭の夕暮れ

ここのバイキングは5時半と7時半の予約入れ替え制になっており、我々はゆっくりしたいのと早めの部は団体が多い傾向があるので7時半の部を予約済みです。

まずは1Fロビーわきにあるキッズルームで遊ばせます。ここで汗をかかせてから温泉SPAに行くつもり。
雲品酒店のキッズルーム


こちらのホテルには温泉SPA(水着、キャップ着用)と、大浴場(日本式スッポンポン)、部屋風呂(前述のとおりこれも温泉)の3種類の温泉があり、今回は家族で入れるSPAのほうでいきます。風呂は全体的に温めで中には子供用の温泉ウォータースライダーもありこれは子供たちに大人気でウチのも30分くらいこれで遊んでました。たぶんスッポンポン浴場のほうはもっと熱いのでは無いでしょうか?
今回着ていくのを忘れたのですが部屋には男女用の甚平もあってホテル内はこれでもOKだそうです。風呂に入るなら甚平のほうが楽ですな。

SPAで遊んだあと、Wiiマリオカートがあったのでこれで子供とレースしたんですがWiiって面白いですね~、でも買ったら親子でのめり込みそうなので買わない。

そろそろ食事時間なのでいったん部屋に戻りましょう。

おお!夜景じゃ夜景じゃビールを持て!といいたいところですが食事時間なのであとにしましょうか。
雲品酒店のライトアップ

レストランに着くとすでに列ができており、順番にテーブルに案内されます。

カニとかローストビーフとか中華とかいろいろ。
雲品酒店のディナーバイキング1

私の1発目。甲殻類は食べるのが面倒なので(笑)、ローストビーフやスペアリブなど洋食肉系で攻めます。ちなみに太太は甲殻類てんこ盛りーの物量系中華メインで、少なくとも見た目は私のほうが上品だと思います(爆)
雲品酒店のディナーバイキング2

食後屋外ステージで生演奏などもあったので見に行くとほかにも日本人観光客が結構居たようで、女性のMCも気を使って日本の歌などを演奏してました。
1曲ごとにプレゼントクイズとかあったので縮小コピーも日本語で参戦しプレゼントゲットで大歓声を浴びてました。

部屋に戻って部屋風呂にもう一回入って日月潭の夜景を見ながらのビールは格別でした。ここ良いわ。

~日月潭ロープウェイ&九族文化村編に続く~
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

台湾中部(苗栗/台中/彰化/南投/雲林) | 23:17:29 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する