FC2ブログ
 
■プロフィール

tw_dot_com

  • Author:tw_dot_com
  • 台湾人を嫁にもつ台湾に生きる日本人。日台混血二重国籍の息子と3人家族です。

    愛車は2016年12月ミニバン・トヨタウィッシュから買い換えたミニバン・トヨタシエンタ(台湾仕様)と2018年11月ハイブリッドカー・レクサスCT200hから買い換えた嫁用BMW120iMスポーツ(直噴ターボFR)で台湾中走り回ってます。
    続きを見る

■「YAHOO!JAPAN」に登録されました!
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■こちらにも参加してます

にほんブログ村 車ブログ 車 国産車へ

■こちらにも参加してます

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ

■こちらにも参加しています

アジアンブログランキングはこちらへ

■PVなんたら

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

Since Aug, 26, 2007

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

清水地熱
朝起きたらだいぶ調子がよくなっていたので、太太の親戚達も一緒に午後三星にある「清水地熱」へ行きました。さて出かけてみるとなんか大雨!大丈夫かな?と思いながら現地に着くと雨もほとんど止み、早速皆さん温泉卵&温泉トウモロコシを作り始めました。

DSC06318.jpg

↓ここをポチッとしてプリーズ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ


ちなみにこの「清水地熱」は宜蘭縣三星の河原に湧き出ている温泉で、温度は相当高く料理も出来るくらいです。実際多くの観光客が卵やトウモロコシ持参で料理してます。
DSC06321.jpg
一見魚釣りのようですが、卵やトウモロコシを入れた網を持っています。
DSC06319.jpg

ちなみに真ん中の岩が熱源のようです。グツグツいってます。
DSC06322.jpg

温泉池からの排水で豪快に温泉卵やってる人もいます。
DSC06324.jpg


まあ私は卵特にゆで卵が駄目な上、病み上がりで腹の調子が悪かったので見てるだけでした...orz
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

台湾東部(宜蘭/花蓮/台東) | 22:39:42 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
はじめまして
台北の南港に住むyumです。
週末に宜蘭にいってとっても気に入りました。
緑色博覧会に行ったのですが
遊戯区があって子供は楽しめたようでした。
うちから車で山側の道を使って
1時間半でした。
宜蘭内は高速道路が使えるのですね。
高速道路が全線開通すると
うちから1時間くらいでいけるのでしょうか。
開通を心待ちにしています。
宜蘭は温泉もあるので
これから何度でも行きたいところです。
帰りに蘇澳の漁港によって
マグロを買ってきました。
おいしかった。
空気も水も野菜も魚もおいしくって
宜蘭は本当にいいところ。
これからも宜蘭情報楽しみにしています。
2006-05-09 火 08:35:44 | URL | yum [編集]
yum様はじめまして。

>うちから車で山側の道を使って1時間半でした。宜蘭内は高速道路が使えるのですね。高速道路が全線開通するとうちから1時間くらいでいけるのでしょうか。

南港からだと汐止で高速に乗ってすぐに5号北宜高速になりますね。そのまま山道を通ればすぐに宜蘭ですからうち(蘆洲)より宜蘭に早く着けますよ~
北宜高速全線開通は6月末だそうですので、開通すれば南港から40分くらいでいけると思います。

最近は海鮮だけではなく宜蘭郊外では庭園珈琲店も増えて、割とレベルの高い洋食も食べられますので、高速が全線開通すれば週末日帰りでもOKですね。
2006-05-09 火 11:00:47 | URL | tw_dot_com [編集]
清水温泉
清水地熱に行かれたのですね。
あそこはトイレが無いので、手前の長埤湖の公衆トイレで用を済ませておく必要がありますね。
ところで、十数メートル下流にある野渓温泉に入りましたか?
(台湾通でない方へ、台湾の温泉は殆ど水着が必要です)
チョッと離れているので見逃す人が多いのですが。
野渓温泉はここの他に、員山温泉、梵梵温泉、四区(碧候)温泉、天狗温泉、和平温泉、南澳温泉があるそうですが、私が利用した事のあるのは、員山温泉、梵梵温泉、それと四区温泉だけです。
友人が、員山温泉は地元の人も知らない人が多いので、見つけるのに苦労した、と言っていましたが、員山公園の池がそれです。
よく見ると池の淵が変色しており、硫黄の匂いも少しします。
また、他の岩と違って、触ると熱く感じる岩が池の淵にあり、チョッと不気味です。
時々公園を訪れ、友達に教えてもらった足湯を楽しんでいます。
それから、宜蘭にはもう一箇所、温泉で卵を料理できる所があります。
太平山の登り口にある、鳩の沢(仁澤)温泉です。
ただし、こちらは、無料の清水地熱と違って、太平山の入山料を払わないと行けません。
太平山は美しいだけでなく、ポンポン車も走っていて楽しめる所ですから、両方行くプランを立てると良いですね。
更に、野外で吹き出ている温泉で料理するのは無料ですが、入浴する温泉は別で有料です。
レストランや更衣室があり、立派な温泉でしたが・・・。
では、楽しい宜蘭ライフをお過ごしください。
v-48
2006-05-22 月 03:11:00 | URL | F5 [編集]
タイムリーです
F5様

清水地熱は2回目なんですが、いつも雨に降られています。前回は車で入るときに川の浅いところを通って入ったのですが、今回は橋みたいになっており、川に入らなくてもわたれるようになってました。

>私が利用した事のあるのは、員山温泉、梵梵温泉、それと四区温泉だけです。友人が、員山温泉は地元の人も知らない人が多いので、見つけるの苦労した、と言っていましたが、員山公園の池がそれです。

員山温泉はちょうど土曜の夕方に言ってまいりまして、あの赤い岩が源泉のようですね。帰り際にジョボジョボ出てました!

>では、楽しい宜蘭ライフをお過ごしください。

ありがとうございます。6月末に高速が全線開通したらもっと行きやすくなりますね。
2006-05-22 月 08:10:04 | URL | tw_dot_com [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する