FC2ブログ
 
■プロフィール

tw_dot_com

  • Author:tw_dot_com
  • 台湾人を嫁にもつ台湾に生きる日本人。日台混血二重国籍の息子と3人家族です。

    愛車は2016年12月ミニバン・トヨタウィッシュから買い換えたミニバン・トヨタシエンタ(台湾仕様)と2018年11月ハイブリッドカー・レクサスCT200hから買い換えた嫁用BMW120iMスポーツ(直噴ターボFR)で台湾中走り回ってます。
    続きを見る

■「YAHOO!JAPAN」に登録されました!
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■こちらにも参加してます

にほんブログ村 車ブログ 車 国産車へ

■こちらにも参加してます

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ

■こちらにも参加しています

アジアンブログランキングはこちらへ

■PVなんたら

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

Since Aug, 26, 2007

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

超反日の東森新聞電波受信中。今回は尖閣に絡めて"日清戦争黄海海戦"がテーマ
本来また超絶反日人種差別東森新聞がやらかしてくれたのでこれを記事にしようと思ったんですが、なんかアホらしくなったので簡潔に。

反日東森新聞で"臺灣啟示錄"という番組があり、この日は尖閣問題に絡めて日清戦争での黄海海戦(中国名:1894甲午大海战)がテーマということなので"反日側の言い分"も聞いておこうと見てみました。ちなみに私の中国語能力はほぼネイティブ並(夢の中ですら中国語でストーリー展開、笑)なので聞き間違いはありません(キッパリ)



まず番組構成が中国製作の反日プロパガンダ映画1894甲午大海战なる"政治宣伝映画"を"歴史的事実"として混同している形式で進行している時点で申し訳ないがすでにトンデモ系と判断せざるを得ない。


この説明だけじゃわかりませんね。じゃあこの東森の番組構成がどれくらいトンデモ系かというのをわかりやすい例をあげて説明しましょう。


数年前に映画パールハーバーという反日映画が上映されたのを覚えている方も多いかと思いますが、

世界中の笑い話になった映画「パールハーバー」のこの作戦会議シーンをもって

1941年に空母6隻を擁する空母機動部隊(タスクフォース)を運用し、太平洋を横断し当時としては画期的な航空攻撃で米国太平洋艦隊主力戦艦を壊滅させた帝国海軍が戦国時代じゃあるまいし野原で幟を立てて作戦会議ですかぁ?(笑)

つまり東森新聞のこれらの反日番組のソースは、

卑劣な日本海軍は子供が凧揚げしている横で真珠湾攻撃の"極秘"作戦会議をしていた!

というくらいの程度と言いたい訳です。


で、いつものごとく大学教授様や軍事専門家なる方々が東森の本当の御主人様である中共の"反日映画のストーリー"に沿っていろいろ解説していただくわけです。


トンデモシーン解説その1:
映画の中で御前会議のようなシーンがあり、その中で伊藤博文総理らしき人物が明治大帝らしき人物に対して、
「我々はこれまでも奇襲によって勝利してきました。今回も奇襲を以って戦いに勝ちます」
みたいなセリフがあり、恐らく映画製作者の脳内では"真珠湾奇襲"がベースにあり"だまし討ち好きな卑劣な日本人"を強調したい意図ありあり。それで例の"軍事評論家"さんが「日本人の戦術はだまし討ち」と解説しているのですが、

明治維新以前に日本が奇襲攻撃をした対外戦争って何ですか?(笑)

日清戦争の時に後の真珠湾奇襲を予知していた伊藤博文総理は化け物か!

トンデモシーン解説その2:
黄海海戦になり、清国の戦艦では"卑怯な日本軍のスパイが清国の海軍砲弾工場責任者に賄賂を贈り手抜き作業をさせたため不良品の砲弾ばかりで有効な攻撃ができなかった"らしいです。

これは笑わせていただきました。いくら日本嫌いでもさあ、

21世紀になっても手抜き工事のせいで地震でもないのにビルが勝手に崩壊したり橋が落ちたりする国なのに1世紀以上前の19世紀の清国に日本の工作がなければまともな品質管理ができていたなんてマジで思ってるんですかぁ?

トンデモシーン解説その3:
当時の日本艦隊に「赤城」という艦があったのですが、「赤城」を「せきじょう(SEKIJOU)」だってさ。ハハハ。
「赤城」はね、日本語では「あかぎ(AKAGI)」と読むんだよ軍事専門家さん(笑)

トンデモシーン解説その4:
軍事専門家さんによれば黄海海戦で日本が勝った要因は奇襲というのですが、先に撃ってきたのは大砲の大きい清国の定遠ですよ。何しろ当時アジア最強の艦隊で日本海軍の大砲より清国戦艦のほうが大きかったわけですから。


こうしてトンデモ説で反日番組進行し、最後に尖閣の水鉄砲合戦で〆。この一連の番組進行ではとにかく

"卑怯な日本人"
"ずるい日本人"
をことあるごとに強調しており日本人の私にとっては非常にストレスのたまる番組制作でした。

もちろん私も民主的な言論の自由は尊重しますし、台湾の放送局がどういう番組制作をしようとそれは台湾放送局の自由であり一外国人である私が批判するものではないということは理解しております。

しかし台湾居候外国人より一言言わせていただくなら、

民主国家において特定の国家及び国民を公共放送で愚弄するのは人種差別じゃないですか?


2009年の日本マスコミの政権交代プロパガンダの経験もあり、こうして台湾でも一部マスコミがこうした反日宣伝を反復し繰り返すことによりTVを主要な情報源とする層に対する深層心理をコントロールし、せっかくの日台友好がマスコミによって反日に洗脳される事態を懸念する次第です。

昨年の台湾から「日本加油!(日本がんばれ)」に涙したオサーンより。


オマケ:
東森の初音ミク台湾公演報道。なんかすっごく萌えてるんですが。。。反日なのか親日なのかはっきりしてくれよ東森(爆)
東森の初音ミク報道

関連記事
スポンサーサイト



↓ここをポチッとしてプリーズ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

台湾TV | 23:44:26 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する