■プロフィール

tw_dot_com

  • Author:tw_dot_com
  • 台湾人を嫁にもつ台湾に生きる日本人。日台混血二重国籍の息子と3人家族です。

    愛車は2016年新規購入したトヨタシエンタと嫁用に買ったLEXUS CT200hで台湾中走り回ってます。
    続きを見る

■「YAHOO!JAPAN」に登録されました!
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク(登録順です)
■ブロとも申請フォーム
■こちらにも参加してます

にほんブログ村 車ブログ 車 国産車へ

■こちらにも参加してます

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ

■こちらにも参加しています

アジアンブログランキングはこちらへ

■PVなんたら

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

Since Aug, 26, 2007

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

【追悼】知覧特攻平和会館で台湾人団体に遭遇~4泊5日九州縦断乗り鉄旅行(ちょっとだけ仕事)3日目
4泊5日九州縦断乗り鉄旅行(ちょっとだけ仕事)3日目。この日は一度訪れてみたかった知覧の知覧特攻平和会館を目指し鹿児島中央から特急指宿のたまて箱号で喜入まで移動。喜入到着より続きます。

喜入から知覧までのバスに乗るためバス乗り場に歩いて行こうとすると喜入で「いぶたま」を一緒に降りたオバサマ2人組も同じ知覧を目指すようで「お兄さん知覧行くの?」と聞いてくるので「そうですよ」と答えると「じゃあこのお兄さんに付いていきましょ」と勝手に私についてきます。まあスーツ姿のオジサンは一番人畜無害に見えるんでしょうか(昨晩は中洲のクラブで午前2時すぎまで8万強使って飲みまくったオジサンですが、爆)。

「お兄さんはどちらから?」と聞かれたので「台湾からです」と答えたら「まぁー!台湾から!」なんて驚いてましたが確かに鹿児島の田舎町で「台湾から来た」なんてみんなびっくりするでしょう(笑)

ネット検索でバス発車場所や時刻も調べておいたので難なくバス乗り場に着くと知覧行きバスがやってきました。久しぶりの日本の路線バスにちょっと興奮。
喜入から知覧行バス乗車131213

↓ここをポチッとしてプリーズ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ


久しぶりに日本の路線バスに乗るとその丁寧な運転スタイルに感動。台湾では黄信号だとそのまま突っ切りますが日本は普通に停車。ちょっともどかしいところもありますが安全第一のそのスタイルもたまに乗ると新鮮。

30分ほどで知覧特攻観音に着き、(寝坊のため)朝食ってなかったので知覧特攻平和会館入館前にまずは腹ごしらえということでバス停すぐそばの知覧さくら館で昼食。


鹿児島=黒豚でしょうということで迷わず黒豚かつ定食1260円をオーダー。ただ正直トンカツは硬くてイマイチ。
知覧さくら館の黒豚かつ定食31213

焼酎とかビールもありましたがこれから真面目に特攻で散華された英霊にお会いしに行くのでここは我慢いたします。


少し遅めの昼食後、知覧特攻平和会館への参道を歩くとまずは名機″帝国陸軍1式戦闘機隼″が見えてきました。

帝国陸軍1式戦闘機隼。海軍の零戦などに比べて窓枠が少ないので海軍機より近代的に見えるのが陸軍戦闘機の特徴です。しかしながら「爆弾を抱いて死んで来い」という命令はまさに天下の愚策。帰ってこれるなら帰ってこさせたほうがよほどコストパフォーマンスに優れる。。。と思う。
知覧特攻平和会館の隼斜め前131213知覧特攻平和会館の隼正面131213


隼説明。あの石原慎太郎さんすら正座させた愛国者鳥濱トメさんもあり。
知覧特攻平和会館の隼説明131213


特攻隊員の銅像
知覧特攻隊員の銅像131213



そして平和会館に行くとなぜか台湾人団体が大勢(観光バス1台分)来てました。なぜわかるかといえば懐かしい台湾語で話してたから中国人とは完全に区別つきます。わざわざ台湾から鹿児島に来て知覧特攻隊にお参りしてくれるなんて本当にありがとうと言いたい。コース的にこの後指宿で温泉でも行くんでしょうが日本をたっぷり堪能してね。
知覧特攻平和会館に台湾人団体が131213


そして中に入るといろいろな資料などの中(撮影禁止)、御遺影と御遺書が展示されており遺書を見ては恥ずかしながらトイレに駆け込み流れる涙を拭うことしばし。だってここの御英霊、一番若い御方で縮小コピーと6,7歳しか違わないんだから。語り部による解説とかありますがヘタレなわたしはマジきついので途中で抜け出したんですが最後まで聞いていた妙齢の美女が号哭きで出てきたのを見て「ああ最後まで聞かなくてよかった」と思ったくらい。でも号なきの美女はあのイケメンな特攻隊員たちの加護があるから絶対幸せになれるよ。


子供に「おとうさん今まで有難う御座いました明日立派に死んできます」なんて遺書書かれたら間違いなく自分気が狂う。これ書いててもう泣きそうなくらい。いずれ子供連れてまた来たい。子供にこのお兄ちゃんたちは本当に立派だったと教育したい。

しかしなんで高校生くらいの歳であんな立派な遺書書けるのかね。正直修学旅行とかでウソツキ捏造バカ韓国のイカサマ慰安婦に土下座するくらいなら知覧に行ったほうがよほど「平和」と「反戦」を訴えれられると思うし国内で金使うほうが絶対良いよ。戦闘機という最先端技術と生きた人間による特攻という戦術の矛盾を実に感じられる記念館です。


館内を参観しながら外で一服。ここの記念館はユネスコ記憶遺産申請するということなので当然私も署名しました。
知覧特攻平和会館ユネスコ世界記憶遺産登録運動中131213


「特攻の母」鳥濱トメさんの碑。
鳥浜トメさんの碑131213


ここは凄惨な戦争の事実がよくわかる記念館でぜひ一度行ってほしい。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

日本帰国 | 23:23:16 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

留学