FC2ブログ
 
■プロフィール

tw_dot_com

  • Author:tw_dot_com
  • 台湾人を嫁にもつ台湾に生きる日本人。日台混血二重国籍の息子と3人家族です。

    愛車は2016年12月ミニバン・トヨタウィッシュから買い換えたミニバン・トヨタシエンタ(台湾仕様)と2018年11月ハイブリッドカー・レクサスCT200hから買い換えた嫁用BMW120iMスポーツ(直噴ターボFR)で台湾中走り回ってます。
    続きを見る

■「YAHOO!JAPAN」に登録されました!
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■こちらにも参加してます

にほんブログ村 車ブログ 車 国産車へ

■こちらにも参加してます

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ

■こちらにも参加しています

アジアンブログランキングはこちらへ

■PVなんたら

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

Since Aug, 26, 2007

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

アミューズメント充実の小墾丁度假村KENTINGTON RESORT宿泊~2014毎年恒例旧正月台湾一周3日目
2014毎年恒例旧正月台湾一周3日目。佳樂水で奇岩観光し屏東縣滿洲郷にある小墾丁度假村KENTINGTON RESORTをめざして満州を目指します。

途中で子供が「お腹すいた」というので宿に着く前に滿洲のセブンイレブンに立ち寄りおやつとビールを買いましたが、考えてみると四重渓温泉やこんな屏東の僻地にまで出店する台湾セブンイレブンの僻地物流ネットワーク半端ない。

セブンイレブンから数分で小墾丁度假村に到着。
小墾丁度假村140128

↓ここをポチッとしてプリーズ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ


入口から入るとすぐ駐車場がありここでも自家用車は園内乗り入れできないのでここに停めて園内送迎車に乗って園内に入る模様。こりゃ客は園外に出にくいから自然と園内ですべて済まさないといけなくなる(もちろん出ることは出られますが)ので消費全部囲い込みですね。


まずは本館でチェックイン。ここでルームキー、朝食券、アミューズメントチケットを受け取り、また送迎車で部屋まで送ってもらいます。
小墾丁度假村の本館CHIPPEWA CLUB140128


コテージというかロッジ風の部屋。台湾では珍しい木造家屋。
小墾丁度假村はロッジ風140128小墾丁度假村のロッジ140128


中は6人部屋。子供がベッドで飛び回ること。
小墾丁度假村のロッジ6人部屋140128


さすがに中は広い。
小墾丁度假村のリビング140128

天井も高い。
小墾丁度假村のロッジは天井高い140128


もう車運転ないのでまずはビールで一杯やり、食事時間にはちょっと早いし運よく本館近くの部屋だったので本館に遊びに行きます。リゾート村だけあって本館地下にはアミューズメントもそこそこ充実。


エアガン&アーチェリー
小墾丁度假村のエアガン&アーチェリー140128


本格ボーリング施設もあり。上手いこと広く見せてますが奥は鏡なので実質6レーンのみ。
小墾丁度假村はアミューズメントパーク140128


まずは卓球。ビリヤードもやりたがったんですがビリヤードにはまだ少し小さいので卓球。これはチケット不要なので空いてればいつでもプレイ可能。
卓球開始140128


卓球の後はボーリング。設備もBRUNSWICK製の本格派。チケット5枚あったのでまずは親子3代(3枚)使用。子供にとっては人生初ボーリングという記念すべきプレイです。
小墾丁度假村にはBRUNSWICKの本格ボーリング設備140128

成績はさすがに人生初ボーリングと四十肩オサーンと70代老人の戦いは超低レベルで、2回目は四十肩は外れ(苦笑)日本爺と台湾孫の一騎打ち。私は本館内の売店でビール買って飲んでます。
日本爺vs台湾孫マッチ140128小墾丁度假村で人生初ボウリング140128


アミューズメントで遊んだあとは夕食。園内には中華、バイキング、パブレストランの3か所あるので先に偵察したところ中華のほうは店先に「歓迎北京なんたらかんたら」と中国人団体が2団体入るのが判明しており中華は避けてパブレストラン行くことにしてました。この「歓迎~」はある意味「熊出没注意」ならぬ「中国人団体出没注意」の目印になるから便利だわ(爆)


ということで部屋のすぐ近くのパブレストラン水牛城BUFFALO PUBへ。
小墾丁度假村内レストラン水牛城140128

中に入ると中国人どころか先客も居なかったわけですが、まあ街中の店ではなく宿泊客対象なので仕方ないでしょう。


ここはコースではなく単品料理でいろいろ注文するわけですが主食に肉絲炒飯と肉絲炒麺をそれぞれ1人分頼んだら店の小姐が、「1人分じゃ足りないですよ」というのでそれぞれ2人分頼んだところ、


炒飯ドーン!
チャーハン多すぎ140128


おいおい「足りない」どころか「これだけで今晩の夕食終わる」レベルですよこれは。他にも料理頼んでるしビールも飲んでるからこれ半分でも多いくらいでどんだけ食うのよここの人たち。
小墾丁度假村内レストラン水牛城の肉絲炒飯140128


蔥爆牛肉。相対的に味は宜しい。
小墾丁度假村内レストラン水牛城の蔥爆牛肉140128


そして炒麺ドーン!
小墾丁度假村内レストラン水牛城の炒麺140128

はっ!台湾でも日本の「大食い王番組」やってるのでもしかしたら「日本人はみんな大食い」という間違った印象を持たれているのかも?(爆)


キャベツ炒め。ちょっとホッとする。
小墾丁度假村内レストラン水牛城のキャベツ炒め140128


宮保花枝。今度は鷹の爪が半端ない。もしかしたらTVの激辛王選手権で(略)
小墾丁度假村内レストラン水牛城の宮保花枝140128


結局チャーハンと炒麺は案の定食い切れず子供が後で腹減るかもしれないのでテイクアウトし、夕食後また腹ごなしに本館で運動。
夕食後また卓球140128


こういった台湾のリゾート村につきもののSPAプールもありますが冬なので休止中でしたが夏ならもっと遊べるでしょう。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

台湾南部(嘉義/台南/高雄/屏東) | 23:55:13 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する