FC2ブログ
 
■プロフィール

tw_dot_com

  • Author:tw_dot_com
  • 台湾人を嫁にもつ台湾に生きる日本人。日台混血二重国籍の息子と3人家族です。

    愛車は2016年12月ミニバン・トヨタウィッシュから買い換えたミニバン・トヨタシエンタ(台湾仕様)と2018年11月ハイブリッドカー・レクサスCT200hから買い換えた嫁用BMW120iMスポーツ(直噴ターボFR)で台湾中走り回ってます。
    続きを見る

■「YAHOO!JAPAN」に登録されました!
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■こちらにも参加してます

にほんブログ村 車ブログ 車 国産車へ

■こちらにも参加してます

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ

■こちらにも参加しています

アジアンブログランキングはこちらへ

■PVなんたら

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

Since Aug, 26, 2007

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

開飲機(水サーバー)が壊れたので今度は冷水機能付き開飲機購入
最近冷蔵庫エアコンなど家電が相次いで壊れてましたが、今度は開飲機(飲水器、水サーバー)から水漏れ。

開飲機というのは生水(水道水)をそのまま飲める日本にはあまり縁がない家電で、言ってみれば大容量の湯沸かし器に熱湯と温水(沸かした熱湯を冷ましたもの)の蛇口が付いており温水を飲用に使うという水道水をそのまま飲めない台湾では生活必需家電です。

その開飲機ですが昨日水漏れを起こしたので調べてみると内部洗浄時に中の水を排水するための排水コックのパッキンが緩くなっているようだったので、ついでに内部洗浄してみました。

風呂場で内部洗浄中の開飲機。2010年5月の購入以来初めての洗浄です。
古い開飲機141013

↓ここをポチッとしてプリーズ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ


内部。左の白い蓋付きが沸騰ビン、右側が温水ビン(沸騰した熱湯が自動的にここに入り水槽の水で冷却する)
開飲機内部141013

内部清掃を終えパッキンを締めなおしてまた使用再開、しかしパッキンきつく締めたのに相変わらず漏水です。
これまだ使用4年ちょいなので修理も考えましたが、冷蔵庫やエアコンのような「大物」ならともかく、新品でも3~4千元で買えるし飲み水関係なので安全や衛生面を考えて新品購入することにしてきっぱり処分。

そして今日太太と銀行廻り(為替)したついでにいつもの家電店(行って開飲機見たところ、壊れた開飲機と全く同じモデルが3,990元、そして温熱の2モードにさらに冰水(冷水)モードがついたものが6,270元。う~ん、冷却用コンプレッサー追加になるため高いけど冷水というのもいいなあ。というのは夏に氷作るとき、これまでの開飲機では温水しかないので一旦ガラス瓶に入れて冷ましてから製氷という手間かかってたので、開飲機から冷水が出てくるなら手間が無くていいのでこれに決定。常連なので黙って6100元にしてくれました。

新しい開飲機。熱湯、温水に加え冷水追加で蛇口3つ。冷水機能は夏場には活躍しそうです。
新しい開飲機141013

古い開飲機ではただの穴だった注水口に新しい奴は活性炭浄水フィルター付。フィルター付きなのでホコリが入りにくいのもよろしい。
活性炭フィルター141013


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

買い物/いただきもの | 20:31:25 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する