■プロフィール

tw_dot_com

  • Author:tw_dot_com
  • 台湾人を嫁にもつ台湾に生きる日本人。日台混血二重国籍の息子と3人家族です。

    愛車は2016年新規購入したトヨタシエンタと嫁用に買ったLEXUS CT200hで台湾中走り回ってます。
    続きを見る

■「YAHOO!JAPAN」に登録されました!
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク(登録順です)
■ブロとも申請フォーム
■こちらにも参加してます

にほんブログ村 車ブログ 車 国産車へ

■こちらにも参加してます

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ

■こちらにも参加しています

アジアンブログランキングはこちらへ

■PVなんたら

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

Since Aug, 26, 2007

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

久々に中華鍋貼で鍋貼(焼き餃子)の昼食~2014年12月2泊3日中南部出張1日目前編
さて毎年年末恒例の中南部出張です。ルートはほぼ前年同様で愛車WISHで出かけます。

三重出発時WISH走行距離123,322km
WISH123322km141222

↓ここをポチッとしてプリーズ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ


この日の予定は午後に彰化員林と雲林斗六の2軒訪問して台南泊なので9時ごろ出発します。

三重発のいいところは出発してすぐに渋滞の少ない国道一號中山高速五楊高架(バイパス)に乗れること。まずは一気に彰化まで南下します。
いざ出発141222

ちょうど苗栗三義区間でWISH走行123456kmのゾロ目達成しました。
WISH123456km141222

11時半ごろ彰化に着き、北斗の中華鍋貼(焼き餃子)でちょっと早めの昼食をとることにいたしました。

中華鍋貼。さすがに南に来るとちょっと暑い。
中華鍋貼141222

中華鍋貼の酸辣湯。具だくさんで30元
中華鍋貼の酸辣湯141222

中華鍋貼の鍋貼(焼き餃子)。ジューシーです。こうして各地の味を楽しめるのも出張の醍醐味ですね。
中華鍋貼の鍋貼141222

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

台湾美食 | 23:31:38 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
質問
酸辣湯とトムヤムクンは同じような物?(どちらが元祖か判りませぬが)と以前ネットで読んだ事があります。どうなんでしょうか?
あと 鍋貼(焼き餃子)は中国圏(東北地方)の食文化じゃないと思いますが? 台湾では鍋貼(焼き餃子)が普通に食されているようですが、
日本では、私の若い頃は餃子と言えば焼き餃子でしたが、大陸の影響か、水餃子も最近では日本でも流行っているらしい。日本での焼き餃子は戦前 大陸にいた日本人が広めたようですが?
2014-12-25 木 18:22:59 | URL | 愛読者 [編集]
Re: 質問
愛読者さまこんにちは

> 酸辣湯とトムヤムクンは同じような物?(どちらが元祖か判りませぬが)と以前ネットで読んだ事があります。どうなんでしょうか?

本場タイではなく当地で食べた経験からしますと、「酸っぱくて辛いスープ」ということでは共通してますが、味や具は全く別物ですね。

> あと 鍋貼(焼き餃子)は中国圏(東北地方)の食文化じゃないと思いますが? 台湾では鍋貼(焼き餃子)が普通に食されているようですが、
> 日本では、私の若い頃は餃子と言えば焼き餃子でしたが、大陸の影響か、水餃子も最近では日本でも流行っているらしい。日本での焼き餃子は戦前 大陸にいた日本人が広めたようですが?

一説によると食べ残した水餃子を翌日焼きなおしたのが煎餃(焼き餃子)らしいです。また鍋貼と煎餃は形状からして異なり、鍋貼は棒状、煎餃は日本のいわゆる焼き餃子に近い形状なので満州国からの引揚者が広めたのは煎餃ではないでしょうか?
2014-12-26 金 15:44:28 | URL | 管理人 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

留学