■プロフィール

tw_dot_com

  • Author:tw_dot_com
  • 台湾人を嫁にもつ台湾に生きる日本人。日台混血二重国籍の息子と3人家族です。

    愛車は2016年新規購入したトヨタシエンタと嫁用に買ったLEXUS CT200hで台湾中走り回ってます。
    続きを見る

■「YAHOO!JAPAN」に登録されました!
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク(登録順です)
■ブロとも申請フォーム
■こちらにも参加してます

にほんブログ村 車ブログ 車 国産車へ

■こちらにも参加してます

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ

■こちらにも参加しています

アジアンブログランキングはこちらへ

■PVなんたら

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

Since Aug, 26, 2007

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

元旦はちょっと豪華にうなぎフルコース懐石ディナー@剣持屋
台湾在住ながら私はいち日本人としてく大晦日は紅白見ながら日本酒飲んで年越しし2016年を迎えましたが、2016年元旦のこの日は太太が我が家のもう一人の「日本人」のために元旦特別企画してまして、私はせっかくの正月三が日は家に引きこもってドラクエ三昧しようと画策してましたがウチの「小日本人(縮小コピー)」のため元旦からお出かけになりました。

昼に太太と縮小コピーは三重のブランチ専門店にブランチ行って2時くらいに太太が私の昼飯にやたらボリュームたっぷりのビーフチーズベーコンバーガー&フレンチフライポテト買ってきてこれ食って(これが後引きずる)から太太が子供と約束してたバッティングセンターに出撃です。


台湾全国チェーンの太魯閣(タロコ)バッティングセンター輔大店。太太の母校輔仁大學すぐ近くのバッティングセンター。支那のPM2.5もなく青空のいい天気でスポーツ日和です。輔仁大学は崇敬敬愛申し上げる我が国母たる美智子皇后陛下母校と交換留学してるという名門らしい。
太魯閣バッティングセンター輔大160101

↓ここをポチッとしてプリーズ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ


ひたすらバッティングにいそしむ縮小コピー。さすが優勝チームLamigoでプロ指導受けただけあってフォームも決まってます。実は縮小コピー、担任の先生曰く学校では悪ガキいじめっ子四天王と言われてると太太から聞いてて特に知能的に発達の遅れてる子を仲間に加わってイジメてると聞いて私は怒り怒髪天ですよ。日本人として恥ずかしいので徹底的に泣くまでしばいて体罰はしませんが反省させた結果、知能的に発達の遅れた同級生をわけ隔てなくわがLamigo仕込みの野球の仲間にしているらしい。これでこそ数万円つぎ込んでプロ野球し込みにした甲斐があったというもの。強いのは良いが弱者にも優しくあれよ。それでこそ日本人だ。しかしバッティング見てると速球なのにさすがに結構打ってるな。
様になってます160101


バッティングと太太のバスケゲームで汗びっしょりになり着替えさせて次はウナギ懐石和食で夕食です。


剣持屋KENMOCHIYA。ここも太太サーチの店です。
剣持屋160101


エントランスも高級な店っぽい。
剣持屋エントランス160101


バッティングセンターで私も打ったので喉かわいてまずはキリン一番ビール。
キリン一番160101


元旦休みなのでコース料理のみというので1000元と1500元の2コースをオーダー。正直私は昼のハンバーガーがまだ残ってる状態。


つきだしの刺身。ウニ、サーモン、エンガワ炙りの3種。刺身嫌いな縮小コピーもエンガワ炙り食いました。
ウニサーモンエンガワ炙り160101


揚げ魚あんかけ。骨までカリカリ。
揚げ魚あんかけ160101


限定メニューというウナキモ串焼きももちろんオーダー。これは日本酒しかないな
ウナキモ串焼き160101


焼きサバ。どんだけ日本料理出すのよ。
焼きサバ160101


ウナキモ串焼きでもうこれしかない日本酒、白鶴貯蔵酒。まあ正月だしお屠蘇よお屠蘇。
白鶴貯蔵酒160101


おでん
おでん160101


トロトロ牛肉。和食かと言われればちょっと微妙ですが箸でちぎれるくらい柔らかい。子供にも一口食わせました。
トロトロ牛肉160101


アワビマヨ和え。牛にアワビに結構な食材ですね。
アワビマヨ和え160101


たけのこ
たけのこ160101


〆のうな重。午後2時のハンバーガーがまだ残っててもう食えないのでうなぎは縮小コピーに食ってもらいました。
〆のうな重160101

元旦だけになんと約4500元(17000円)の日本料理を堪能させていただきました。美味かった。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

台湾美食 | 23:53:45 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

留学