■プロフィール

tw_dot_com

  • Author:tw_dot_com
  • 台湾人を嫁にもつ台湾に生きる日本人。日台混血二重国籍の息子と3人家族です。

    愛車は2016年新規購入したトヨタシエンタと嫁用に買ったLEXUS CT200hで台湾中走り回ってます。
    続きを見る

■「YAHOO!JAPAN」に登録されました!
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク(登録順です)
■ブロとも申請フォーム
■こちらにも参加してます

にほんブログ村 車ブログ 車 国産車へ

■こちらにも参加してます

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ

■こちらにも参加しています

アジアンブログランキングはこちらへ

■PVなんたら

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

Since Aug, 26, 2007

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

林口の桃園長庚紀念醫院で4年半ぶりの人間ドッグ入りして全身検診
太太からの強い勧めもあり前回の人間ドッグ全身検診から4年半ぶりに人間ドッグ全身検診です。そういえば関連記事を見ると前々回から前回も4年半のインターバルでやっており狙ってるわけでなくたまたまですが約4年半毎に全身検診ということになります。

今回の人間ドッグは台湾プラスチック系の大手総合病院である桃園長庚紀念醫院とのことですが、病院も大手なら値段もハンパなく1人28000元(約10万円、2人で20万円)ということでいろいろ検査される模様。

検査と言えばまずはこれ、検便袋。検便とは別に2日前からの食事制限と検査前夜7時に下剤入り水1リットル、検査当日早朝5時にさらに下剤入り水1リットル飲んで胃腸を空にして内視鏡&胃カメラ検査に備えます。
人間ドッグ用検便袋160113


朝子供を送ってから太太と2人で林口(龜山)の桃園長庚紀念醫院に向かいいよいよ全身検査です。

こちらも人間ドッグ用控室として個室が用意されておりここで用意されてる検査着のパジャマに着替えます。
人間ドッグ控室160113


なかなか豪華な控え部屋。2日検診というのもあるので1泊の場合はここで泊まるようです。トイレはウォシュレット付になっており特に早朝5時に飲んだ下剤の‘最終処理’にはありがたい限り。
人間ドッグ控え個室内160113



個室からは林口工業区の台プラが見えます。さすが台プラ城下町。
個室の眺め160113


ここでもやはり専属の看護婦さん?がついて身長体重視力などの基本から始まり、採血(血液検査)、採尿、レントゲン、心電図、内蔵超音波、歯科、眼科、そして別料金の骨粗しょう症検査などのメニューを順番にこなし、最後のクライマックスは全身麻酔による胃カメラ&大腸内視鏡検査。日本では局部麻酔が多いらしいと聞きましたが台湾では全身麻酔で寝ている間に無痛無意識で完了します。

内視鏡では小さなポリープがあったそうですが検査前に麻酔だの切除だの同意書に全部サインしてあったので同意書通りサクッと切除したと聞きました(全身麻酔だったので当然伝聞)。切除と言っても特に痛みとかなく麻酔が覚めてしばらく休んでやっとお昼ごはん。


私のポリープ切除食はお粥。太太はポリープ切除なしなので普通のご飯でしたが切除者はお粥らしい。病院食ながら都合3日ぶりの魚と野菜なのでけっこう美味しくいただきました。
人間ドッグのポリープ切除ランチ160113


食後、男子は前立腺超音波検査、女子は子宮関係の検査で別れ、最後に医師と栄養士によるそれぞれ検査結果の簡単な説明(詳細は後日自宅宛郵送)を受けます。私の場合は「まあ年齢なりでしょう、酒とたばこは控え目に」とのいつもの評価で、ある意味ほっとしたというか最終宣告のようなものはなくて良かった。ただB型肝炎の抗体が無い(アレ?前に3回予防注射やったけど?)ので来週B型肝炎予防注射アゲインということになり予約して3時頃終了。ほぼ断食状態が3日続いて腹減ったので病院地下のフードコートで担仔麺食って帰りました。

でも一つ残念なのがポリープ切除のため1週間禁酒だって(爆)

関連記事
スポンサーサイト
↓ここをポチッとしてプリーズ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

台湾生活日記 | 23:26:53 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

留学