■プロフィール

tw_dot_com

  • Author:tw_dot_com
  • 台湾人を嫁にもつ台湾に生きる日本人。日台混血二重国籍の息子と3人家族です。

    愛車は2016年新規購入したトヨタシエンタと嫁用に買ったLEXUS CT200hで台湾中走り回ってます。
    続きを見る

■「YAHOO!JAPAN」に登録されました!
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク(登録順です)
■ブロとも申請フォーム
■こちらにも参加してます

にほんブログ村 車ブログ 車 国産車へ

■こちらにも参加してます

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ

■こちらにも参加しています

アジアンブログランキングはこちらへ

■PVなんたら

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

Since Aug, 26, 2007

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

【各駅動画】台湾国鉄旧客「普快車」乗車記、次は山岳ルートの枋山-大武編~201601新春2泊3日南部出張2日目
台湾国鉄旧客「普快車」乗車記、枋寮-枋山編より続きます。

台湾最南端の枋山駅。今回は乗り鉄なので駅構内だけですが次は南廻線の駅舎とか駅外観も追い込んでみたいです。
枋山駅発車160122

↓ここをポチッとしてプリーズ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ


台湾最南端の南廻線枋山駅発車シーン。ズドドドーというディーゼルエンジン音いいよね。



海沿いで来た枋山駅を過ぎると今度は山岳区間へ。69kv(69000V)かなんか知らんけど高圧送電線が邪魔で景観台無し。
枋山駅を過ぎると山間区間へ160122


ふりかえると恒春方面
恒春方面160122


屏東と雲林は特に農業県のイメージが強い。
海の次は山160122


台湾国鉄旧型客車普快走行中の車内 。ちょうどトンネル入ったのでディーゼル機関車の爆音も入ってます。



台湾国鉄南廻線の山間部を走る普快。風を感じて走る旧型客車いいよね。



しばらく山岳区間を走り枋野信号場到着。ここはホームの無い有人信号場で上り列車交換待ちの間に普快の車掌が線路に降りて信号場スタッフと立ち話してました。
枋野信号場で車掌も下車160122


枋野信号場の線路ってプラレールで作ってみたくなる配置。けっこう長めの待ち時間でてっきり列車交換こっちかと思ってこちらばかり狙ってたら同じ列車に乗ってた台湾人の乗り鉄君がなぜか私に英語で「こちらじゃなくて反対側に列車来ますよ」と親切に教えてくれたんで「謝謝」ではなく笑顔で「THANK YOU!」と答えます。しかしこちらはすっかり台湾人になりきってるつもりで黙っててもなぜか顔とか仕草で日本人ってばれるんだよな。
枋野信号場160122


台湾人乗り鉄君のアドバイスに従って反対側狙います。
枋野信号場反対側160122


枋野信号場のこのトンネルから出てくるところ撮れたらサイコーなんだけどな。
枋野信号場のこちら側に来るらしい160122


台湾国鉄南廻線枋野信号場で自強號と列車交換。非電化単線ディーゼルエンジン音マンセー



ほとんど単線の南廻線ですが枋野区間はトンネルも複線仕様。なんとか頑張ってトンネル内撮影に成功。オンボロの普快もこの区間はめちゃくちゃ飛ばします。
枋野区間はトンネルも複線160122


台湾国鉄南廻線の山と谷を走る普快車。この感覚九州横断特急にちょっと似てます



次の古莊駅まではひたすら直線でトンネルの続く枋野古莊間。下手するとここは莒光號より速いかも。実際高雄-台東の所要時間見ると莒光號1時間50分、普快2時間20分程度と1割違いくらいで停車駅考えると普快も頑張ってます。
トンネルの続く枋野古莊間160122


そして台東県に入り古莊駅。
古莊160122


台湾国鉄南廻線古莊駅発車シーン。ディーゼルがんばれ!



台湾国鉄南廻線大武駅到着シーン。風きり音やブレーキ音、ディーゼルの空走音とかたまらん。



このあたりは海鮮湯の本場で車なら間違いなく海鮮湯のメシ区間ですな

大武駅。ここで自強號と列車交換です。
大武駅160122

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

台湾鉄道 | 23:43:20 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

留学