FC2ブログ
 
■プロフィール

tw_dot_com

  • Author:tw_dot_com
  • 台湾人を嫁にもつ台湾に生きる日本人。日台混血二重国籍の息子と3人家族です。

    愛車は2016年12月ミニバン・トヨタウィッシュから買い換えたミニバン・トヨタシエンタ(台湾仕様)と2018年11月ハイブリッドカー・レクサスCT200hから買い換えた嫁用BMW120iMスポーツ(直噴ターボFR)で台湾中走り回ってます。
    続きを見る

■「YAHOO!JAPAN」に登録されました!
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■こちらにも参加してます

にほんブログ村 車ブログ 車 国産車へ

■こちらにも参加してます

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ

■こちらにも参加しています

アジアンブログランキングはこちらへ

■PVなんたら

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

Since Aug, 26, 2007

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

新装開店の阿六切仔麺で台湾伝統小皿料理
わが蘆洲には「切仔麺」という薄味の麺を小皿料理のおかずでいただく大衆食堂が多くありその中でもMRT蘆洲駅近くの阿六切仔麺という店が有名ですが。最近店舗の賃貸契約が満期になったとかで蘆洲駅前からウチの近くに移転して新装開店してたんで夕食は久々に阿六切仔麺で食べることにしました。

「切仔麺」食堂の特色はメインの切仔麺(スープありの湯麺とスープなしの乾麺あり)や魯肉飯に好みの小皿料理をつけて食べるのが一般的で小皿料理はよくある炒め物ではなく滷(脂煮込み)涼拌(和え物)が多く、「古早味(昔ながらの味)」といわれてるんでこれが本物の伝統的台湾料理なんだと解釈しています。


滷白菜(白菜の煮込み)。今のようにふんだんに油が使えるようになる前はやはりこういった煮込み料理が多かったのかな。
滷白菜171116


涼拌粉肝(豚レバーの和え物)。見ての通り唐辛子、セロリ、ショウガなどこれでもかと香味野菜付いてるのレバーの臭みはあまり感じません。
粉肝171116


肝連肉(豚の横隔膜)。こちらもショウガに香菜(パクチー)と香味野菜付で見た目は硬そうですが食べてみると割りと柔らかい。担仔麺屋はこういった横隔膜やレバーなどホルモン系というか内臓系のオッサンくさい小皿が多い傾向で台湾でも内臓系は庶民の食い物だったのかなと考察します。ここはビール欲しいところですがこの後子供迎えに行かないといけないんでビールは控えときます。
肝連肉(横隔膜)171116


そしてメインの切仔湯麺。超薄味のスープに入った麺とニラモヤシ、油ネギのトッピングという超シンプルな台湾庶民の代表的な麺料理。これだけだと全くパンチがないので小皿を合わせるというか「小皿料理をオカズにして麺を食べる」というスタイルの食事でしょう。スープ薄いんでコショウ多めがおススメ。
切仔湯麺171116


太太が追加で頼んだ滷桂竹筍(タケノコ煮込み)。これは酸菜使ってて客家料理っぽい。
滷桂竹筍タケノコ煮込み171116


切仔麺は庶民の味と言いますが小皿をいろいろ取ったりするんでお会計すると意外に高かったりします。日本でいうなら素うどんにサイドメニューの小鉢や天婦羅とかつけたようなもんでしょうか。


フラッシュで数字が見えないのが残念ですがビールも飲まずこの日の塾お迎えでシエンタ走行13000㎞に。
シエンタ13000㎞171116

関連記事
スポンサーサイト



↓ここをポチッとしてプリーズ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

台湾美食 | 23:31:17 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する