FC2ブログ
 
■プロフィール

tw_dot_com

  • Author:tw_dot_com
  • 台湾人を嫁にもつ台湾に生きる日本人。日台混血二重国籍の息子と3人家族です。

    愛車は2016年12月ミニバン・トヨタウィッシュから買い換えたミニバン・トヨタシエンタ(台湾仕様)と2018年11月ハイブリッドカー・レクサスCT200hから買い換えた嫁用BMW120iMスポーツ(直噴ターボFR)で台湾中走り回ってます。
    続きを見る

■「YAHOO!JAPAN」に登録されました!
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■こちらにも参加してます

にほんブログ村 車ブログ 車 国産車へ

■こちらにも参加してます

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ

■こちらにも参加しています

アジアンブログランキングはこちらへ

■PVなんたら

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

Since Aug, 26, 2007

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

機場捷運(MRT空港線)で桃園長庚医院に通院してみて懲りました
この日は前回の脳波検査から1か月ぶりに桃園長庚醫院通院日。

桃園長庚醫院は林口からさらに奥のかなり辺鄙な場所に立地しているためこれまではずっと車で通院しておりましたが林口長庚醫院との無料巡回バスがあり林口長庚醫院は機場捷運(MRT空港線)で行けるので、今後の通院の参考も兼ねて今回は初めてMRTとバス乗り継ぎで通院してみることにしました。

診察予約時間は午後3時20分なので台北駅まで出て台北で昼食べてから空港線で行くつもりでしたが腹の調子が悪くタイムロスが出たため蘆洲駅でMRT蘆洲線に乗ったのが午後12時50分過ぎ。このまま予定通り台北駅経由だと食事時間がかなりキビシイので予定変更し大橋頭駅で下車し、ショートカットして三重で空港線に乗り林口で食事することにしました。

桃園機場捷運(MRT空港線、桃園メトロ)A2三重站
桃園機場捷運A2三重站190122

↓ここをポチッとしてプリーズ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ


しかしまあこの桃園メトロ、利用されたことある方はおわかりかと思いますがもうね典型的な縦割り行政というかお役所仕事なんですよ。

縦割り行政その1:桃園メトロ台北駅といわゆる「台北駅(台北メトロ、台湾国鉄、台湾新幹線)」の場所が遠い。「東京駅」と「大手町」くらい違う。
縦割り行政その2:三重駅が桃園メトロで唯一の台北メトロ(新荘線)接続駅にも関わらず直達車(急行)が停車せず普通車しか停車しない。
縦割り行政その3:台北メトロと料金体系が別。まるで以前の営団地下鉄と東京都営地下鉄のごとし(笑)。
縦割り行政その4:(私にはあまり関係ないですが)桃園空港から高鐵桃園(台湾新幹線桃園駅)へは普通車しかなく中南部の新幹線利用者への配慮無し。

以前の記事にも書きましたがその他にもこの路線は急こう配・急カーブが多いため全体的にスピードが遅いので距離に比べて移動に時間かかる。


空港線三重駅はやたら標高が高い。
落ちたら死ぬな190122


写真左のマンションと比べてみると分かりやすいですが空港線三重駅ホームはビル6~7階に匹敵する高さ。地下の新荘線ホームからだとビル10F分くらいになるでしょうか。
三重ホームはビル6Fに匹敵する高さ190122


午後1時50分すぎにその名もズバリ長庚醫院駅に着きまずは昼飯。ここも林口駅同様にGlobal Mallなる駅ビルがあり昨日は洋食だったし「新宿さぼてん」でトンカツ食べることにしました。

広島カキフライにも心ひかれましたがメンチカツもあったんでここは迷わずメンチカツをオーダー。何度も書いてますが台湾では皮に包む系(餃子、ワンタン、シューマイ、小籠包など)以外のひき肉料理(ハンバーグやメンチカツ)は少ないのであればできるだけオーダーします。

ご飯、味噌汁はお替り自由ですが私にはご飯はこのくらいの量(半ライス程度)で十分。
新宿さぼてんでランチ190122


キャベツ千切りもお替り自由ですがお替りせず食べ残しをしない方向で。
キャベツ千切り190122


メンチカツ&トンカツ。今回車じゃないのでビール飲みたいところですがさすがに酒飲んでから通院というのも何なのでお茶で我慢。
メンチカツ190122


昼食を終え正面の林口長庚醫院から無料巡回バスに乗るんですが、この林口長庚醫院とんでもない「迷宮」でした。
迷宮林口長庚醫院190122


まずは入口にいた警備員にバス乗り場の場所を聞いたところ、「バス乗り場はここから反対側にあるんで外から行くと遠いからここの児童医院(小児科病棟)から復健医院(リハビリ科病棟)を通って飲水機を左に曲がり。。。」と複雑な経路説明を受けまあ何とかなるだろうと児童醫院に入ったところ、このところの寒気団による気温低下のためかとにかく人が多いこと。

当然ながら幼児が1人で受診というのはありえないので親など付き添いもいるため小児科は人であふれかえり、さらに幼児がウロウロしてるんで歩きにくいったらありゃしない。子供にぶつからないよう慎重に歩き小児科病棟を抜けて次は復健(リハビリ)病棟。
これがまたカオスですよ。リハビリ科というくらいなので、老人、車いす、松葉杖の患者さんともちろん小児科同様に付き添いもいるため人の多さもさることながら歩くのも遅いわけでその歩きにくさは小児科にも負けないくらい。

受付エリアもごった返しており、閑散としている桃園長庚醫院で良かったと心から思いましたよ。

でバス乗り場を探すわけですが案内図や矢印表示などもなくそもそも飲水機を見つけても

飲水機なんて各科入口全部にあるじゃんか!

私は方向感覚はそれなりに良いと自負してますがまさか病院内で迷子になるとは思っても見ませんでしたわ。マジ迷宮ですよここ。

こういう場合はいったん外に出たほうが良いと判断し外に出たらちょうどバス乗り場発見。

しかしバス乗り場にも関わらず今度は停留所にあるような行先表示なども無くルートも桃園長庚醫院だけではなく宿舎エリア、医学院(医科看護学校)など複数。なるほどこのシャトルバスは病院スタッフや学生の移動利用がメインで患者はオマケか。


そしてやっと奥のほうに桃園長庚行きバス発見。一見さんにはつらいバス探しでした。
やっと桃園長庚行きバス乗り場190122


ちなみにこの辺りの気温12℃。確かに風邪増えるわな。
12℃190122


病院専用バスなんで途中で停車する必要がないためか昔懐かしいなかなか元気な走りで10分そこそこで桃園長庚醫院に到着。

診察前に血圧、身長、体重計測し神経内科に着いたのが予約時間ほぼ5分前。

ここでは健康保険ICカードを機械に差し込むだけで診察受付完了するシステムで自分予約番号(この日は25番)と受付完了した他の患者の番号が表示されます。

私が受付完了したときの表示はこんな感じ(病院なので写真は自粛しました)、姓名は真ん中の字だけ○と表示されます(名前は適当)。
16 王○融
20 林○育
24 王○正
25 鈴○○郎←私の順番
26以下番号が続く


↑のように受付完了した時点では4人目でしたが、その後遅刻してきた患者が同じように受付完了すると1人置いて自動的に番号上書きするようになっており、いつの間にか
3 蔡○文
10 李○輝
13 陳○扁
16 王○融
20 林○育
24 王○正
25 鈴○○郎←私の順番
26以下番号が続く


↑と「ダルマ落とし」の如く自分の順番がどんどん下がっていくわけです。

あれだけ林口長庚で苦労してもきっちり予約時間前に来た私の努力は何だったんでしょうか?

結局予約時間から1時間弱待ちでやっと診察の順番が来て診察後、支払い、次の検査予約、薬受け取りなど済ませたらもう午後5時前ですよ。


そしてまたバスで林口長庚へ戻ります。行きは空席あるくらいでしたが帰りは満員。なんかこうこの日はいろいろ修行した気分です。
またバスで林口長庚へ190122


帰りもまた院内で道に迷ったんでとりあえずもう外に出て(リレミト)駅まで回り道しましたよ。まさに恐るべし林口長庚ダンジョン!

歩きまわって暑くなってきたんで駅ビルのコンビニでアイスコーヒーオーダーしたら店員の小姐が「熱的嗎?(ホットですよね?)と聞き返してきます。そりゃ気温12℃でアイスコーヒー飲む奴なんか台湾ではあまりいないだろうな(笑。


MRT内は飲食禁止なんで外で一服しながらアイスコーヒー飲み切りまた空港線で帰ります。
また空港線で帰ります190122


帰りも同じルートなんで三重で乗り換え。三重駅の前には河川敷公園があり夜はライトアップしてました。
空港線三重駅の遊歩道ライトアップ190122


午後6時過ぎに帰宅しザックリ計算するとMRT利用の場合自宅-桃園長庚醫院片道1時間半、蘆洲と林口(ウチから見える距離)往復の移動だけで3時間ですよ(飛行機なら台北から羽田行けちゃうじゃん)。車ならいいとこ片道40分。

もう桃園メトロでの通院はコリゴリですわ。次回からはまた車通院にしよう。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

台湾鉄道 | 22:25:36 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

留学