FC2ブログ
 
■プロフィール

tw_dot_com

  • Author:tw_dot_com
  • 台湾人を嫁にもつ台湾に生きる日本人。日台混血二重国籍の息子と3人家族です。

    愛車は2016年12月ミニバン・トヨタウィッシュから買い換えたミニバン・トヨタシエンタ(台湾仕様)と2018年11月ハイブリッドカー・レクサスCT200hから買い換えた嫁用BMW120iMスポーツ(直噴ターボFR)で台湾中走り回ってます。
    続きを見る

■「YAHOO!JAPAN」に登録されました!
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■こちらにも参加してます

にほんブログ村 車ブログ 車 国産車へ

■こちらにも参加してます

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ

■こちらにも参加しています

アジアンブログランキングはこちらへ

■PVなんたら

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

Since Aug, 26, 2007

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

海線(台11線)の北回帰線公園が大幅リニューアルしてた件~旧正月前BMW2泊3日台湾一周3日目
旧正月前BMW2泊3日台湾一周3日目そして除夕(農暦大晦日)。この日は台東知本から一気に宜蘭まで移動し宜蘭実家で旧正月年越しです。

台東知本の朝。昨日は雨模様でしたがとりあえず天気は良さそう。
知本の朝190204

↓ここをポチッとしてプリーズ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ


しかし今回泊まった台東F HOTEL、施設や客室、浴室などハード面は新しくてきれいなんですが、昨日チェックイン時のフロントの手際の悪さ、4人部屋に2人分しかないアメニティ、夕方でチェックイン時刻を過ぎてるのに清掃中だったりなど管理というかソフト面がとにかくお粗末な印象。立地も知本温泉街からかなり外れというか寂しい場所の割にそれほど安くもないし。

そして朝食。円卓の並んだ立派なレストランスペースですが受付の小姐は客をテーブルに案内するわけでもなく客は自分達で相席スペースを探すことになります。そこそこ空いてたのですぐに座れましたが混んでたら席取合戦というかかなりカオスな状況になりそう。
朝食はいわゆるバイキング形式ですがとにかく笑っちゃうくらいショボい。よくあるハムソーセージの類はおろかビジネスホテルにもあるような野菜炒めや子供が好きな卵料理すらなく、私は炒麺とコーヒーだけでおしまい。

ここ最近私と我が家は花蓮・台東旅行にはまっており、昨年は4月8月10月12月、そして直近では先月乗り鉄と花蓮台東づいてますが昨年のドライブ旅行ははいわゆる山線(台9線)ばかりだったので今回は久しぶりに景色のいい海線(台11線)で花蓮まで移動することにしました。


ホテルをチェックアウトしまずは台東市内の農會(農協)で太太が子供用に天然の台東産ハチミツ購入し台11線に入り花蓮に向かて走ります。

以前はこの海線はあまり信号や速度取り締まりレーダーなく制限速度も70㎞と速いペースで走れたんですが今回集落ごとに50㎞規制&レーダー取り締まり。

気づいたのはレーダー取り締まりが厳しいのは集落というより小学校の近辺。なるほど学童を車から守るためか。そうね、子供の安全を最優先するなら理にかなってるんで私も取り締まり賛成、きっちり制限速度で走ります。


今回海線走ってきた目的の一つは海線唯一にして恐らく海線で一番有名なココ。

東河包子で肉まん。なぜかここ東河は肉まんの聖地みたいになってます。
東河包子で肉まん190204


東河包子。太太はここで宜蘭へのお土産含め10数個購入。朝飯で失敗したんで私も絶品の肉まん1個食います。子供は「食べない」とか言ってましたが結局肉まん2個食ってるし。まあ中3男子は普通に座ってるだけで腹減るからな。
東河包子190204


東河を過ぎると次は三仙台。ここは鉄路もなく外国人観光客にとってはかなり難易度高い台湾観光地の一つといえるでしょう。そろそろ弊ブログ100万アクセスなんで100万アクセス記念に台東集合で三仙台で焼き飛び魚オフ会(3人以下ならBMW、3人以上ならシエンタ)でもするかな。
三仙台190204


三仙台トンネル過ぎるとこの景色
三仙台の海190204


あまり車も走ってないので台11線でこうして写真撮影しながら花蓮へ。
三仙台の台9線190204


ここで困ったのが私はあまり乗り物酔いしない体質なんですが太太と子供はモロに乗り物酔い体質。子供は乗り物酔いで「もうヤダ」と携帯で花蓮から宜蘭への鉄路時刻表見てます。


花蓮縣に入り次の観光地は北回帰線公園。台湾には西部の嘉義、東部の瑞穂とここの3か所に北回帰線公園がありここで一服&トイレ休憩。

北迴歸線。まあここから南が熱帯、北が温帯(亜熱帯)です。
北迴歸線190204


ここは公園というか休憩所も兼ねてるんですがよりかなり変わってました。観光客が歩いているあたりは以前は駐車場だったはず。
海線北回帰線公園はこの辺りに駐車場あったはず190204


以前は駐車場とトイレしかなく屋台とかなかったのにいろいろ屋台できてるし閑散としていたこの海線北回帰線公園も屋台村みたいになってました。ある意味瑞穂北回帰線公園よりにぎやかになってます。


駐車場も全部変わってます。私のペット(太太いわく)BMW120号も。初台湾一周のBMW2000㏄ターボFRはこれからキラキラするぞお(笑)
海線北回帰線公園の駐車場変わった190204

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

台湾東部(宜蘭/花蓮/台東) | 22:36:35 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

留学