FC2ブログ
 
■プロフィール

tw_dot_com

  • Author:tw_dot_com
  • 台湾人を嫁にもつ台湾に生きる日本人。日台混血二重国籍の息子と3人家族です。

    愛車は2016年12月ミニバン・トヨタウィッシュから買い換えたミニバン・トヨタシエンタ(台湾仕様)と2018年11月ハイブリッドカー・レクサスCT200hから買い換えた嫁用BMW120iMスポーツ(直噴ターボFR)で台湾中走り回ってます。
    続きを見る

■「YAHOO!JAPAN」に登録されました!
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■こちらにも参加してます

にほんブログ村 車ブログ 車 国産車へ

■こちらにも参加してます

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ

■こちらにも参加しています

アジアンブログランキングはこちらへ

■PVなんたら

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

Since Aug, 26, 2007

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

初代「のら」逝く
「のら」(初代)が朝方亡くなったとの知らせがありました(泣)

ありし日の「のら」(「のら」と呼ぶのは私だけで家族は「にゃん太」と呼んでましたが)
DSCN0010.jpg


すでにここ10日間くらい何も食べなくなっていたそうで、朝9時10分に家族に見守られて静かに息を引き取ったそうです。享年17歳(人間に換算すると120歳!)。まあ年齢を考えれば「大往生」と言うべきでしょうね。。。
母と妹がペット用の火葬場に連れて行き最後のお別れをして、やはりペット用の納骨堂に収められたとのこと。

じゃあなのら!
関連記事
スポンサーサイト



↓ここをポチッとしてプリーズ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

テーマ:我が家の猫 - ジャンル:ペット

未分類 | 19:17:11 | Trackback(0) | Comments(6)
コメント
辛いっすね
わたしも、犬猫だけでも過去5頭送ってきました。
死んでしまうたびに、うちで一生過ごしたことを幸せだったと思ってくれただろうか、と自問してしまいます。
よろよろと家具の下に入り込もうとするのを引き止めて抱きとったらそれきり、とか、立てもしないほど弱っているのにぎりぎりまで必死でお手を繰り返したりする様子は何ともいたたまれません。

うちの犬も既に8年目、ペットフード業界的には老犬の域なのでもう折り返しているでしょう。そろそろ覚悟も必要かな。
なんでも古来台湾では犬は川に流すのだそうで。
自分も死んだら太平洋に撒かれたいと思っているせいもあって、ではその際にはそれに従って・・・と思ったのですが、周囲の台湾人に「ヤメレ」言われました。今はきちんと火葬するそうですね。
まぁこの犬自身も泳ぎが嫌いなようなので、川に撒かれたいとは思っていないかも知れないなぁ。
2007-05-26 土 03:29:36 | URL | Pote [編集]
Pote様おはようございます。

>わたしも、犬猫だけでも過去5頭送ってきました。
死んでしまうたびに、うちで一生過ごしたことを幸せだったと思ってくれただろうか、と自問してしまいます。

まあ今は飼っていないので実際に送り出したということは無いのですが、やはり寂しいものがあります。まあ大事に飼われて長寿なら幸せだったんでしょう。

>うちの犬も既に8年目、ペットフード業界的には老犬の域なのでもう折り返しているでしょう。そろそろ覚悟も必要かな。

まだまだ大丈夫ですよ。ただ某国産ペットフードには気をつけましょう。

>自分も死んだら太平洋に撒かれたいと思っているせいもあって、ではその際にはそれに従って・・・

私は日本と台湾で半々かなあ、どうしようかな。。。?
2007-05-26 土 11:22:30 | URL | 管理人 [編集]
大往生だったのでしょう・・・・
昔親戚の家の老猫がある日いなくなっていたので聞いてみたら、「死に場所でも探しにいったんじゃないか?」と言ってましたが、飼い主の下で息を引き取ったのなら、いっそう気心を許していたということなのでしょう。
飼い主に看取られ、手厚く葬られたのは幸福な猫生だったかと思います。

ウチの隣の公園にはそれこそ野良がいて、エントランスの前でたまに物乞いしていますのでブツがあればやってますが、リアルな野良は冬場を越すのが大変らしいですね。猫の世界における「格差」は相当なもんです。(汗)
2007-05-26 土 20:37:17 | URL | tsubamerailstar [編集]
tsubamerailstar様こんばんは。

>昔親戚の家の老猫がある日いなくなっていたので聞いてみたら、「死に場所でも探しにいったんじゃないか?」と言ってましたが、飼い主の下で息を引き取ったのなら、いっそう気心を許していたということなのでしょう。

そうですね。特にうちの母親に本当になついていて自分を息子だと思っていたようで、母親が旅行に行っている間に危篤になったのですが、帰ってくるまで頑張って帰宅後に亡くなったそうです。

>飼い主に看取られ、手厚く葬られたのは幸福な猫生だったかと思います。

そう信じています。

>ウチの隣の公園にはそれこそ野良がいて、エントランスの前でたまに物乞いしていますのでブツがあればやってますが、リアルな野良は冬場を越すのが大変らしいですね。猫の世界における「格差」は相当なもんです。(汗)

確かにリアルな野良だと、越冬できるのは運次第というところでしょう。
「格差」で言えばうちの猫は「勝ち組」だったといえますね。
2007-05-26 土 22:56:39 | URL | 管理人@宜蘭 [編集]
悲しいけど。。
元気を出してね!兄ちゃんe-256
2007-05-26 土 23:14:16 | URL | しん [編集]
しん妹こんばんは

>元気を出してね!兄ちゃん

謝謝!でも大往生だから大丈夫ですよ。
2007-05-27 日 01:02:34 | URL | 管理人@宜蘭 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する