FC2ブログ
 
■プロフィール

tw_dot_com

  • Author:tw_dot_com
  • 台湾人を嫁にもつ台湾に生きる日本人。日台混血二重国籍の息子と3人家族です。

    愛車は2016年12月ミニバン・トヨタウィッシュから買い換えたミニバン・トヨタシエンタ(台湾仕様)と2018年11月ハイブリッドカー・レクサスCT200hから買い換えた嫁用BMW120iMスポーツ(直噴ターボFR)で台湾中走り回ってます。
    続きを見る

■「YAHOO!JAPAN」に登録されました!
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■こちらにも参加してます

にほんブログ村 車ブログ 車 国産車へ

■こちらにも参加してます

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ

■こちらにも参加しています

アジアンブログランキングはこちらへ

■PVなんたら

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

Since Aug, 26, 2007

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

【悲報】自強號から走行動画撮影中にクソ選挙電話に邪魔される~2泊3日乗り鉄出張2日目
2泊3日乗り鉄出張2日目(乗り鉄本番)。昨晩かなり遅くまで飲んだんでちょっと眠いですがちゃんとホテルの朝飯も食い、高雄駅周辺工事中でホテルから高雄駅遠回りになってしまっているんで少し早めにホテルを出ます。

新しい高雄駅周辺はまだ工事中。地下化そのものは左営から屏東まで元の地上線路の西(南)隣に露天掘りで工事してたので元の鉄道用地は屏東までそのまま台湾新幹線延伸に使えますね。
高雄駅周辺はまだ工事中200110

↓ここをポチッとしてプリーズ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ


地下化前というか屏東電化化以前は車両基地もあり終着(始発)ターミナル駅の重厚感あった高雄駅ですが屏東(潮洲)電化以降は単なる「途中駅」になりさらに地下化して以降は往年の活気もなくなり「ローカル駅」の哀愁まで出てきちゃってます。
枋寮まで電化200110


地下化して寂しくなった高雄地下駅
高雄地下駅200110


台東行きDR3000ディーゼル自強號で枋寮へ。南廻線電化したら台湾鉄路はディーゼルどうするんでしょうか?
高雄からディーゼル自強200110


席がちょうど右側の窓側だったんで九曲堂駅を過ぎたあたりであの下淡水溪鐵橋動画撮影始めたところ。。。


下淡水溪鐵橋録画中にクソ選挙電話に邪魔されて途中で切断。客先や取引先からの仕事の電話なら仕方ありませんが「○○です一票よろしく」それも台湾の選挙権の無い私にもじゅうたん爆撃式にこうして「録音」の勧誘電話とかマジで迷惑というか動画撮影見事に台無しにされて殺意を覚えるレベル。国民のためを思うならまずその相手の都合お構いなしの迷惑電話止めてくれ韓さん。動画見ていただければお分かりの通り一番いいところでタイミング悪く電話かかってきたわけで晒しあげに記録しておきます。



クソ迷惑電話速攻ブチ切りし、ここは川幅が長いため屏東側の動画撮影再開しました。



屏東。一時はここまで電化だったためここが西部幹線の自強號の終着・始発駅になってましたが潮州まで電化されたらあっという間に途中駅に。
屏東200110


そして枋寮到着
枋寮到着200110


ホームの屋根も昔ながらの武骨なコンクリ造りから鉄骨にリニューアルされてました。
ホーム屋根リニューアル200110


第1ホームは撤去され工事中。まさかとは思いますが台鐵この駅をトチ狂ってターミナル化するつもり?と思ったらそういえば台鐵は墾丁方面への交通事情改善のため恆春線を企画してるんでここは恆春線のターミナルとして考えればいいのか。
第1ホームは撤去され工事中200110


以前は自強號から普快車への待ち時間は20分弱程度と割と待ち時間が少なかったんですが今のダイヤでは直近の自強號と普快車の接続は約40分。台東での折り返し待ち時間も1時間半(後述)と普快車はますます乗りづらくなっておりまさに「乗り鉄」しか乗らない列車になってます。


枋寮車站。待ち時間に駅を出て一服しいよいよデジイチ出して携帯とデジイチの二刀流でいきます。
枋寮車站200110


なぜか鳥居の形の枋寮観光案内。しかしさすが南国暑いこと。乗り鉄後は顧客尾牙に直行するんで長袖のYシャツ着てるんで余計に暑いです。
なぜか鳥居の形の枋寮観光案内200110

~普快車編に続きます~

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

台湾鉄道 | 21:53:07 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する