FC2ブログ
 
■プロフィール

tw_dot_com

  • Author:tw_dot_com
  • 台湾人を嫁にもつ台湾に生きる日本人。日台混血二重国籍の息子と3人家族です。

    愛車は2016年12月ミニバン・トヨタウィッシュから買い換えたミニバン・トヨタシエンタ(台湾仕様)と2018年11月ハイブリッドカー・レクサスCT200hから買い換えた嫁用BMW120iMスポーツ(直噴ターボFR)で台湾中走り回ってます。
    続きを見る

■「YAHOO!JAPAN」に登録されました!
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■こちらにも参加してます

にほんブログ村 車ブログ 車 国産車へ

■こちらにも参加してます

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ

■こちらにも参加しています

アジアンブログランキングはこちらへ

■PVなんたら

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

Since Aug, 26, 2007

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

イタリア日立製自動無人運転のヨーロピアンな台北メトロ環状線に初乗車
この日の午後はまた永和の漢方医再診のあと太太の提案で台北市内で高級鉄板焼の夕食。昨日は車で出かけましたが夕食は絶対酒飲むのが確実なのでMRT(台北メトロ)で出かけます。

漢方医のある永安市場駅には蘆洲線一本で乗り換えなしで行けますが、太太とは漢方医待ち合わせだしそういえば部分開通した台北メトロ環状線未乗車なんで倍くらい時間かかりますが今回は環状線経由で行くことにしました。

まずは蘆洲から蘆洲線‐新荘線乗り継いで頭前庄で乗り換え ここは以前レクサス店でCT200h納車したときに使った駅で新荘棒球場の最寄り駅である新荘駅の一つ前の駅でもあります。
環狀線201225

↓ここをポチッとしてプリーズ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ


板橋方面。新荘線は地下駅、環状線は高架駅なので乗り換えは地下からエスカレータ何度も乗り継いでやっと頂上に。環状線は都市部に作られているのでほぼ道路上に高架があります。
板橋方面201225


環状線頭前庄駅
頭前庄駅201225


駅構内は環状線路線カラーの黄色で統一されてます。
黄色で統一されたホーム201225


反対側に列車到着。なかなかヨーロピアンな車両デザインで異国情緒あります。多分ヨーロッパメーカーから買ったかな。
ヨーロピアンな車両201225


環状線は高架で街中を走るため防音壁が多い。
防音壁が多い201225


環状線車両。運転台のない無人自動運転です。まあ横浜の金沢シーサイドライン元地元民からすると無人運転なんて珍しくもないですけど。
環状線車両201225


車内。ヨーロピアンな内装で運転台無し。
運転台無し201225


実際に乗ってみると場所によってはかなりスピード出しますが、停車時の制御が悪くストップするときかなり大きなショックで「ガックン」と停車するのが不快。ブレーキの制御がONとOFFしかないのかよ!と文句言いたくなるレベルです。


乗り換え駅の景安に着く前に製造メーカーみたらなんと日立イタリア車両!なるほどやはりヨーロッパ製か。しかし今後は三重マンション前にも環状線延伸される予定だしこのガックンブレーキ制御プログラムはなんとかしてほしい。
日立だった201225


鉄骨が張り巡らされた高架駅舎。
未来的駅舎201225


高架道路のさらにその上に設けられた景安駅全景。その辺の中層住宅より高いです。
景安駅全景201225


これまたエスカレータ5回くらい乗り継いでやっと新蘆線地下ホームへ。環状線からの多路線への乗り換えは下を見て5分くらい見といた方がマジいいです。漢方医のある永安市場は隣駅。
エスカレータ5回くらい乗り継いでやっと地下ホームへ201225

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

台湾鉄道 | 18:11:20 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する