FC2ブログ
 
■プロフィール

tw_dot_com

  • Author:tw_dot_com
  • 台湾人を嫁にもつ台湾に生きる日本人。日台混血二重国籍の息子と3人家族です。

    愛車は2016年12月ミニバン・トヨタウィッシュから買い換えたミニバン・トヨタシエンタ(台湾仕様)と2018年11月ハイブリッドカー・レクサスCT200hから買い換えた嫁用BMW120iMスポーツ(直噴ターボFR)で台湾中走り回ってます。
    続きを見る

■「YAHOO!JAPAN」に登録されました!
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■こちらにも参加してます

にほんブログ村 車ブログ 車 国産車へ

■こちらにも参加してます

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ

■こちらにも参加しています

アジアンブログランキングはこちらへ

■PVなんたら

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

Since Aug, 26, 2007

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

また九州メーカー製のプラント受注!でも今年は九州出張(乗り鉄&博多中州呑み)は無理だな
実は昨年末からインフラ系既存顧客から「以前導入した九州メーカーのプラントがくたびれてきたのでまた購入したい」との引合があり、門司港-台北港船賃、台北港-顧客までのトレーラー運賃(長さ約12m、重量14トン)などの見積も取って客先に見積したところ「社長が話したいというんで今週来社してもらって打ち合わせしたい」という。まあアレですよモノそのものは2014年1月に納入済みだし技術プレゼンは不要なので”社長マター”ということは価格ネゴ(値切り交渉)でしょう、というかそれしか無いですわ。
そういえばまだ太太(我が社の代表)もここの顧客と面識無いし恐らくこの日”決まる”と私は読んでるので”太太の顔見世”も兼ねて一緒に訪問することにしました(私がくたばっても事業存続できるよう最近は太太に引継ぎというか顔売りと各業界の営業ノウハウ伝授してます)。私が「今日決まるよ」と言ったら太太(日本の液晶関係一部上場メーカー台湾支社現役営業課長だったかな)は「そんなに簡単じゃないんじゃない?」と懐疑的ですがまあ見てなさい(笑)

昨日はBMWでドライブ行きましたがこの日は”営業”なんでもちろん営業車のトヨタシエンタで出かけます。
営業車210115

↓ここをポチッとしてプリーズ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ


訪問アポは午後1時なんで途中樹林の台南料理店”鹽水蜂炮”で昼飯。
鹽水蜂炮210115


炒地瓜葉(サツマイモの葉炒め)。ニンニク炒めですが今はマスク着用なのでより安心。
炒地瓜葉210115


鹽水意麵(汁なし台南担仔麺)。いつも肉味噌追加する日本人の顔なじみなんで最初から肉味噌増量(笑)
鹽水意麵210115


蛤仔湯(アサリスープ)。見た目薄いですが味はパンチあり。100点。酸菜とか入れたら120点行きそうです。
蛤仔湯210115


樹林での昼食後客先訪問。顧客訪問前に台北港から重量物トレーラー運送の運送見積取ったとき運輸業者から通行に懸念が出ていたプラント運送予測ルートプラン最後の難関、7年前の納入時には無かったこの高架道路下トンネルの写真撮影(私の撮影はチアガールだけじゃないよ、爆)します。うわあ又是一個暴投!高架の高さ制限4.6mは以前にも経験のある重量物超低床トレーラーで乗り切るとしてこのカーブは12m≒40フィートコンテナクラスの長大トレーラーでプラントぶつけずに曲がり切れるかな?重量物プラント販売というのはただ売るだけでなくこういった運送プランも考えないといけないのが苦でもあり面白いところです。船便手配も普通のコンテナ船では入りきらないのでバルクキャリア(バラ積み貨物船)使うしね。野球シーズン以外は私もこうして真面目に仕事してますよ(爆)
このトンネルくぐれるかな210115


顧客に着き社長以下株主8人に囲まれてやはり価格交渉。これは最初から想定済みだったので九州プラントメーカーの営業担当者と何度か電話連絡。ちなみにこの九州メーカー海外担当さん、会食中に武漢肺炎コロナウイルス陽性判明者と濃厚接触してたとかで現在九州某ホテルで自主隔離中。台湾在住の私と九州の自主隔離中営業担当者さんの間で(打ち合わせ済みの演技で)電話打ち合わせとか究極のテレワークでしょう。なんというかご時世ですな。

この時の為に作戦練って連れてきた太太は先方社長と台湾語で和やかに世間話(先方社長と太太の会話はまさにお爺ちゃんと孫娘みたいな感じ)。台湾人顧客にとって日本人ヒラ営業(私)と台湾人社長(太太)の組み合わせというのは痛快でしょうな(日本人差別じゃなくて台湾人妻の尻に敷かれている面白い日本人旦那という意味で、笑)。

そして値切りも元々想定内の範囲で収まり無事契約達成。その場で太太と社長夫人の間で現金小切手発行が進みまさに私のシミュレーション通りに進みます。ほら私の想定通り今日ガッツリ九州プラント受注しただろ太太よ?これが台湾営業ノウハウ伝授よ。

商談も終わり帰ろうとしたら社長が太太に「からすみプレゼントするよ」とプラント受注いただいた上に高級品のカラスミまでいただけるというので太太が私に惚れ直したと信じたいです()

約2週間で予想通り重量級高額プラント受注した私も調子に乗って太太に「ベンツAMG買っていい?」と聞いたら「バカ」と言われて今案件終了。。。後は(比較的)安上がりな統一チアに行くわ。


ただ最も残念なのはせっかくコロナウイルス禍の中に日本製設備売ったのに7年前みたいに”設備立ち合い”名目で博多中洲のキャバクラ呑み出張できないのが遺憾です(爆)

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

台湾北部(新竹/桃園/台北/基隆) | 22:56:33 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する