FC2ブログ
 
■プロフィール

tw_dot_com

  • Author:tw_dot_com
  • 台湾人を嫁にもつ台湾に生きる日本人。日台混血二重国籍の息子と3人家族です。

    愛車は2016年12月ミニバン・トヨタウィッシュから買い換えたミニバン・トヨタシエンタ(台湾仕様)と2018年11月ハイブリッドカー・レクサスCT200hから買い換えた嫁用BMW120iMスポーツ(直噴ターボFR)で台湾中走り回ってます。
    続きを見る

■「YAHOO!JAPAN」に登録されました!
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■こちらにも参加してます

にほんブログ村 車ブログ 車 国産車へ

■こちらにも参加してます

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ

■こちらにも参加しています

アジアンブログランキングはこちらへ

■PVなんたら

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

Since Aug, 26, 2007

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

昼寝してて夜更かし
昨日昼にカレー作った後、ヒマなので昼寝してたら寝られなくなってしまった。。。 ↓ここをポチッとしてプリーズ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ


それでビールなぞ飲みながらネットサーフィンって奴をしてまして、youtubeをいくつか落としてたら懐かしのこんなの発見。

高中正義の虹伝説じゃないですか!

ナツカシー。確かワタクシこの頃厨房でしたよ。もち厨房らしくアイドルも聞いてましたがYMOとかこういうの好きだったなあ。。

で、この「虹伝説ライブ」ですが、これも覚えているぞ。

これは当時の最新ハイテクであったパイオニアLD(レーザーディスク)のソフトだ!

そうそう当時は音楽といえばレコードの時代で、私も当時流行の貸しレコードに行っては好きなレコードを借りてカセットテープに録音なんてしてましたっけ。
いまだに当時録音したテープをたまに聞いたりしてますが、アナログ磁気録音って20年以上たった今でもあまり劣化しない(ように思える)で聞けるのは何気にすごいですよね。

テープを見ると当時から「凝り性」のようで、結構いいブランドを使ってたしTYPE2(Cr)やTYPE3(FeCr)とかのハイクオリティバージョンだったのもいまだに高音質を維持できている所以か。

1981年だったかにソニーとフィリップスが今でも現役の「CD」規格を発表。第一号機は18万くらいしたこともあり、当時の私はこうしてアナログを究めて行ったのであった(笑



音源以外では家庭用ビデオも普及を始めており、ソニー陣営のベータ規格と松下陣営のVHS規格競争などもありました。画質とかはさておき、βⅠ~Ⅲとかで録画時間とかイマイチ分かりにくいベータよりテープサイズ=録画(再生)時間または3倍モード(テープ数字x3が録画可能時間)というVHSの分かりやすさもありVHSが次第に勢力を伸ばしていった時期でもあります(まあ実際勝敗を決めたのははAVの普及率だったわけだがw)。

ただそのころの家庭用ビデオというのは、「撮れるんです」状態で、TV録画とかはできるものの画質音質ともにそれほどクオリティの高いものではありませんでした。ベータにしてもVHSにしてもHiFi音声(これは細い音声トラックではなく録画信号として録画トラックに音声信号を入れることによりにFM放送並みの2chステレオ音声品質を確保できた)規格が出るまでは音質は帯域の問題もありAMラジオレベルが関の山でした。まあその後は日本メーカーらしくS-VHSやハイバンドベータなどというキワモノ技術で既存技術を究めていきましたが。。。ただ「戦艦大和」vs「航空戦術」の如く既存技術を究極まで高めても、DVDやMP3などの技術的ブレークスルーで全部お釈迦にして(されて)しまうのも日本らしいといえばらしいですが(汗

そういう状況の中パイオニアがLD(レーザーディスク)規格で殴りこみをかけてきたわけです。

LDはCDと同じ非接触光記録方式のアナログビデオディスクで大きさはレコードと同じ30cmと今のDVDに比べると非常に大きく、アナログ記録ということもあって記録容量も少なかった(何せA面B面ありましたから)んですが、アナログビデオテープしかなかった当時としてはそこそこ画期的なメディアでした。

画質音質とも当時としてはなかなかのものでしたし、とりわけ針で物理的に溝をトレースして音を拾うレコードが主流の時代に、非接触のレーザー光線でレコードのように針飛びを恐れることもなくディスクから情報を取り出すというのは非常に未来的な技術に思えて羨望の目で見ていたものです。

その当時最新鋭のLDのソフトのひとつとして出ていたのがこの「虹伝説」でした。

YOUTUBEを見て久しぶりにAV(エロではなくオーディオ&ビジュアルね、念のため)興亡史に思いをはせてしまいましたな。

「虹伝説」からこんなのも発見(「好好愛我」をクリック)

台湾の「鳳飛飛」という歌手が「虹伝説」カバーしているらしいんですが、サビのところはともかくほかは見事に台湾歌謡曲にアレンジされてますね(「虹伝説」知らない方は上記虹伝説と聞き比べてください)!しかしこれの原曲知っている台湾人はどのくらいるのかな?
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:YouTube Music Video - ジャンル:音楽

台湾生活日記 | 05:43:26 | Trackback(0) | Comments(6)
コメント
中秋節愉快!
>テープを見ると当時から「凝り性」のようで、結構いいブランドを使ってたしTYPE2(Cr)やTYPE3(FeCr)とかのハイクオリティバージョンだったのもいまだに高音質を維持できている所以か。

フェリクロームとか20年ぶりに思い出した言葉かもしれんですね!
ドルビーCなデッキを持っているのが何気にステータスだったなぁ。

私がLD買ったのは大学入ってからですね。ジャケットにサイン貰ったりしてましたが、DVD化されてないソフトも結構あるんでLDプレーヤーは手放せません。ぶっ壊れたら即ヤフオクだなぁ。(汗)

2007-09-24 月 07:50:52 | URL | tsubamerailstar [編集]
tsubamerailstar様中秋節快楽!

>フェリクロームとか20年ぶりに思い出した言葉かもしれんですね!

このネタがわかるとはオサーンですねえ(笑
私はSONYの「DUAD」+TEAC3ヘッドデッキでdbx録音でした。

>私がLD買ったのは大学入ってからですね。ジャケットにサイン貰ったりしてましたが、DVD化されてないソフトも結構あるんでLDプレーヤーは手放せません。ぶっ壊れたら即ヤフオクだなぁ。(汗)

私も大学時代にやはりSONYの「CD/LDコンパチブルプレーヤー」というのを購入しました。台湾に来るときに友達に上げてしまいましたが。。。
2007-09-24 月 12:53:05 | URL | 管理人@宜蘭 [編集]
台湾マイブーム
台湾について、いろいろ知りたくて、迷いこみました、これからもよろしく
お願いいたします。
2007-09-24 月 20:53:34 | URL | まゆ [編集]
まゆ様はじめまして!

>台湾について、いろいろ知りたくて、迷いこみました、これからもよろしく
お願いいたします。

今後ともよろしくお願いいたします。
2007-09-25 火 01:34:50 | URL | 管理人@宜蘭 [編集]
洗濯中のPoteでございます。
昨夜はお邪魔いたしましてありがとうございました。非常に楽しかった&有意義でございました。
なぜか2時頃にヴァッチリ目が覚めてしまいまして、1時間ほどゴロゴロしていたものの飽きてしまって、すいているうちにってことで帰宅してしまいました。どうも失礼いたしました。

> いまだに当時録音したテープをたまに聞いたりしてますが、アナログ磁気録音って20年以上たった今でもあまり劣化しない(ように思える)で聞けるのは何気にすごいですよね。

デジタルの劣化と違い、なんというか丸く劣化するので聴感上は良いのかもしれませんね。
じつは、音屋だったころにこのへんの特許を出しておいたおかげで、本来は移住不可だったところでどうにかこうにか馬先生のサインが頂けたのでございました。
当時は『とりあえず出しとけ』感覚で出したもんで本人も忘れてたようなもんですが、いつ何が役立つかわからんもんですなぁ。
2007-09-25 火 05:58:28 | URL | Pote [編集]
Pote様おはようございます。

>洗濯中のPoteでございます。
昨夜はお邪魔いたしましてありがとうございました。非常に楽しかった&有意義でございました。
なぜか2時頃にヴァッチリ目が覚めてしまいまして、1時間ほどゴロゴロしていたものの飽きてしまって、すいているうちにってことで帰宅してしまいました。どうも失礼いたしました。

おお、なぜか朝起きたら居ないのでどこか放浪か?とも思ったんですが。

>デジタルの劣化と違い、なんというか丸く劣化するので聴感上は良いのかもしれませんね。

そうですね。いきなりプッツリというのは無いので一生モノかなあ。

>じつは、音屋だったころにこのへんの特許を出しておいたおかげで、本来は移住不可だったところでどうにかこうにか馬先生のサインが頂けたのでございました。
当時は『とりあえず出しとけ』感覚で出したもんで本人も忘れてたようなもんですが、いつ何が役立つかわからんもんですなぁ。

芸は身を助けるとはよく言ったものですね。
2007-09-25 火 10:05:00 | URL | 管理人@宜蘭 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する