FC2ブログ
 
■プロフィール

tw_dot_com

  • Author:tw_dot_com
  • 台湾人を嫁にもつ台湾に生きる日本人。日台混血二重国籍の息子と3人家族です。

    愛車は2016年12月ミニバン・トヨタウィッシュから買い換えたミニバン・トヨタシエンタ(台湾仕様)と2018年11月ハイブリッドカー・レクサスCT200hから買い換えた嫁用BMW120iMスポーツ(直噴ターボFR)で台湾中走り回ってます。
    続きを見る

■「YAHOO!JAPAN」に登録されました!
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■こちらにも参加してます

にほんブログ村 車ブログ 車 国産車へ

■こちらにも参加してます

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ

■こちらにも参加しています

アジアンブログランキングはこちらへ

■PVなんたら

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

Since Aug, 26, 2007

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

桃源街の菜肉ワンタン
午前中台北市内の顧客訪問を終え、ちょうどそこの割と近くに美味いワンタン屋があったことを思い出して昼食はそこの「趙記菜肉餛飩(菜肉ワンタン)」にケテーイ。

美味そうなワンタンです。
P1110313.jpg ↓ここをポチッとしてプリーズ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ


菜肉餛飩(菜肉ワンタン)とは、まさにワンタンの皮に菜(野菜)と挽き肉の餡を詰めたワンタンのスープなんですが(笑、もうちょっと詳しく解説しますと、チンゲン菜のみじん切り+やはり細かく刻んだ豚挽き肉が主な材料で、中身は野菜の比率が高めで肉は気持ち程度にブレンドされています。

ほぼ野菜メイン。皮の厚さわかります?
P1110312.jpg

また餡を包むも非常に分厚くモチモチ感タップリで、小籠包の皮がどちらかと言うと「」に近いのに対しこれはいかにも「」という感じで存在感高し。

このあたりは完全に肉が中心の「花蓮扁食」やエビが中心の港式エビワンタンと違っていますね。

またここの店のメニューはあくまで「菜肉餛飩(大中小あり)」のみ(サイドメニューの小菜は除く)という「単品勝負」というのも台湾B級グルメ探検家としては高評価を与えざるを得ません(笑

また液香扁食をはじめ多くの単品勝負台湾B級グルメエリート店と同じく、「売り」である「菜肉ワンタン」にのみリソースを集中させ、元の味はシンプルにして客が醤油や酢や豆板醤などで客独自の味を完成させるという放任主義すら潔く思えてきます。

しかしその量はたかがワンタンスープと侮る勿れ!ここの菜肉ワンタンは上述したとおり皮が厚く1個あたりの大きさが半端じゃないです。

まずは今回私がオーダーした「中(サイズ、105元)」を見てください。ドンブリいっぱいというかスープ上端から盛り上がるくらいワンタンが入ってますが、そもそもこのドンブリでも日本の標準的なラーメンドンブリ並みのサイズですよ!
具は他にザー菜みじん切り+薄焼き卵短冊+海苔短冊
P1110311.jpg

スープは薄味で花蓮扁食に近い味です。そのためコショウ少し入れるとうまみが増します。ワンタンのほうは野菜ベースなので私は豆板醤と醤油でちょい濃い目の味付けしてます。

今回はワンタン1本勝負でしたが、小菜(サイドメニュー)も割りと光るものがあるのでおススメは「ワンタン(小、80元)+小菜」の組み合わせ。これでも充分お腹いっぱいになりますよ。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

台湾美食 | 23:50:23 | Trackback(0) | Comments(5)
コメント
チェックドエリアではありましたが
体調不良で今週のほとんどを寝て過ごしたPoteでございます。
喉の異常はなかったものの、他の症状を見るとどうやら私の引っかかったものも同じものだったようです。腹が立つほど長引くので、早期対処はご賢明であったと思います。

> ちょうどそこの割と近くに美味いワンタン屋があったことを思い出して昼食はそこの「趙記菜肉餛飩(菜肉ワンタン)」にケテーイ。

餛飩は花蓮で扁食食べるからいいや、とパスしていましたが、『断面秀』を見て反省。斯様なイイものだったとは!
餃子にしても鍋貼にしても餛飩にしても、肉ちょびっと野菜主体、が基本的な好みでして、こりゃすぐにも食っておかねばと思いたった次第にございます。
帰路途上みたいなもんだし、帰りにでも早速行こうかな。
2008-01-11 金 12:33:38 | URL | Pote [編集]
Pote様こんばんは。

>体調不良で今週のほとんどを寝て過ごしたPoteでございます。
喉の異常はなかったものの、他の症状を見るとどうやら私の引っかかったものも同じものだったようです。腹が立つほど長引くので、早期対処はご賢明であったと思います。

おや?貴殿もですか?注射1(2)本で一発でしたよ。

>餛飩は花蓮で扁食食べるからいいや、とパスしていましたが、『断面秀』を見て反省。斯様なイイものだったとは!

花蓮で「あそこ」を知るともう他のは食えないかと思いきや、実にB級道は奥深きものなりですな。

>餃子にしても鍋貼にしても餛飩にしても、肉ちょびっと野菜主体、が基本的な好みでして、こりゃすぐにも食っておかねばと思いたった次第にございます。
帰路途上みたいなもんだし、帰りにでも早速行こうかな。

よっ!日本人!(笑
民権→中山→青島と来れば、あとは成都→中興橋と普通に帰路ですのでどうぞ。
2008-01-11 金 23:49:41 | URL | 管理人 [編集]
廟の庭で毎夜酒盛り!
台湾は20年ほど前に台北意から南へ1時間ほどの新竹市に建築中のビルの内装デザインの仕事で行ったことがあります。5月半ばなのに、いや~熱かったことを思い出します。建築会社の方とお寺、廟というんかな、そこで食事と定番の老酒で毎日夜は酒盛りで楽しかったことを思い出します。
2008-01-22 火 14:17:27 | URL | 日産@エルグランド [編集]
懐かしいお店、わたしの青春時代
写真を見て涙が出ました・・・・・・
懐かしいなぁ~高校時代よく行ってました。
値段上がりましたね。
今の物価はこのぐらいと思いますが、
わたしの記憶はまだ昔の状態・・・
まだ食べに行きたいなぁ。
2008-04-10 木 12:26:36 | URL | Yori [編集]
Yori様はじめまして

>写真を見て涙が出ました・・・・・・
懐かしいなぁ~高校時代よく行ってました

あの辺だと緑の制服の高校がありますね(笑

>値段上がりましたね。

こればっかりは仕方ないです。

>まだ食べに行きたいなぁ。

味は恐らく昔のままですよ。是非是非。
2008-04-12 土 21:05:27 | URL | 管理人 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する