FC2ブログ
 
■プロフィール

tw_dot_com

  • Author:tw_dot_com
  • 台湾人を嫁にもつ台湾に生きる日本人。日台混血二重国籍の息子と3人家族です。

    愛車は2016年12月ミニバン・トヨタウィッシュから買い換えたミニバン・トヨタシエンタ(台湾仕様)と2018年11月ハイブリッドカー・レクサスCT200hから買い換えた嫁用BMW120iMスポーツ(直噴ターボFR)で台湾中走り回ってます。
    続きを見る

■「YAHOO!JAPAN」に登録されました!
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■こちらにも参加してます

にほんブログ村 車ブログ 車 国産車へ

■こちらにも参加してます

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ

■こちらにも参加しています

アジアンブログランキングはこちらへ

■PVなんたら

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

Since Aug, 26, 2007

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

(予定通り)「台中谷關温泉」1泊旅行~1日目前編
14日より縮小コピーの世話のため日本から婆ちゃん(母親)が台湾に来たこともあり、宜蘭の爺婆(義父母)も誘って大人5人子供1人の計6名で1泊2日の台中谷關温泉&九族文化村観光に行ってまいりました。

「一連の事件」終結後初の週末で、もし「日本人」という理由で何らかの嫌がらせがあったりしたら「台湾人よ、お前もかっ!」みたいなノリで「香港人」に引き続き容赦なくブログで血祭りにあげるつもり。ちょっとドキドキワクワクの観光旅行です(笑

朝8時に宜蘭より爺婆到着し縮小コピーの耳鼻科午前診療を待って、人数が多いこともありWISHで10時過ぎに蘆洲をスタートし、本日の目的地「台中谷關温泉」を目指して高速を南下します。 ↓ここをポチッとしてプリーズ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ


今回の宿はeztravelで購入した台中谷關温泉の「谷關龍谷大飯店2人部屋(宜蘭爺婆)+4人部屋(我が親子+日本婆)特別プランです。この特別プランには系列企業と言うことで「谷關龍谷大飯店」1泊2食+九族文化村入場券がセットになっており、「1泊朝食のみ」のプランに比べて1人あたり500元増しくらいで「ホテル内夕食」と「九族文化村入場券(700元/人)」がプラスになっておりまさにお買い得と踏んで購入したわけです(実際お買い得でした)。

私は台湾国内旅行の場合、基本的には宿のみ確保してあとは出たとこ勝負が多いのですが、今回は宿以外に1日目夕食と2日目の観光がセットされているということでなんとなく「気分は国内ツアー」です♪

蘆洲を出発し、1号中山高速に乗るとさすが土曜日だけあり中壢までは割りと渋滞しておりましたが、中壢を過ぎるとスムーズになりましてそのまままっすぐ台中を目指します。

中山高速台中系統(台中JCT)で国道4号(高速4号台中東西線)に乗り換え、高速終点の「豐原」から道なりに一般道に入ります。

閑話休題、「豐原」という地名ですが、大日本帝国時代には台湾と樺太の2箇所にあったんですよね。

一般道に入り台中縣石岡あたりでみんなお腹が空いたとのことで昼食。
台中縣豐原~石岡~東勢(日本の地名みたい)あたりも割と客家人が多い地域で、「客家料理」の看板が目に付きます。

ということで石岡の「道の駅」みたいなところで昼食休憩と行きましょう。
CIMG1426.jpg
「石岡道の駅(勝手に命名w)」土産物アーケード。やはり客家モノが多いです。
CIMG1417.jpg
石岡情人木橋(石岡恋人木橋)。ちょっとした観光地らしいです。木の橋は特に感銘はありませんが、河の水のきれいなこと!
CIMG1418.jpgCIMG1420.jpg
橋を渡ると「巨大水車」と「乗馬」。「台湾的」にはれっきとした「観光地」ですね。
CIMG1421.jpgCIMG1424.jpg

この時点ですでに30度越えしており汗びっしょり。腹も減った事だし表の客家料理店で客家料理の昼食といたします。
義父イチオシの「梅干扣肉」「炒山蘇」などなどお腹いっぱい客家料理食べますた。客家料理と言うのは割りと濃い目の味付けで、ごはんのおかずもしくはビールのツマミによく似合います。
CIMG1429.jpgCIMG1430.jpg

昼食を終え、さらに谷關温泉を目指します。

東勢にて。中部横貫公路(中部横断道路、台中~花蓮))起点。ここから花蓮まで続く中部横断道路に入ります(谷關以降は災害による破損で途中通行止めですが、汗)。
CIMG1434.jpg

台湾の東西間横断道路というのは得てして急な山道が多いのですが、ここらあたりの区間は川沿いなので割りと平坦で広めの道が続き、割りと走りやすいです。

途中に出現した台湾電力の水力発電用ダム貯水池。全員車に残して私だけ下車して撮影。結構巨大土木建築好きだったりする(笑
左上より、「下流側から全景」「左端の水路は魚道になっている」「ダム上部の通路、下流側は通行禁止」「ダム上部通路から下流を眺める」「ダム上部から上流側」「ダムゲート」「TPCによる魚路説明」
CIMG1442.jpgCIMG1444.jpgCIMG1449.jpgCIMG1452.jpgCIMG1453.jpgCIMG1455.jpgCIMG1448.jpg

~後編に続く~
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

台湾中部(苗栗/台中/彰化/南投/雲林) | 22:32:05 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

留学