FC2ブログ
 
■プロフィール

tw_dot_com

  • Author:tw_dot_com
  • 台湾人を嫁にもつ台湾に生きる日本人。日台混血二重国籍の息子と3人家族です。

    愛車は2016年12月ミニバン・トヨタウィッシュから買い換えたミニバン・トヨタシエンタ(台湾仕様)と2018年11月ハイブリッドカー・レクサスCT200hから買い換えた嫁用BMW120iMスポーツ(直噴ターボFR)で台湾中走り回ってます。
    続きを見る

■「YAHOO!JAPAN」に登録されました!
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■こちらにも参加してます

にほんブログ村 車ブログ 車 国産車へ

■こちらにも参加してます

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ

■こちらにも参加しています

アジアンブログランキングはこちらへ

■PVなんたら

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

Since Aug, 26, 2007

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

【九族文化村1日遊】~「台中谷關温泉」1泊旅行~2日目前編
「台中谷關温泉」1泊旅行2日目。今日の予定は「特別宿泊プラン」に含まれる南投の【九族文化村(台湾原住民テーマパーク)】観光です。
そういえば私にとって「九族文化村」は今回で2回目。前回は10年以上前のことでした。月日が流れるのは早いものですなあ。

九族文化村テーマパーク正門。今使っているカメラは露出がどうもイマイチ(撮影技術が悪い?。
CIMG1577.jpg ↓ここをポチッとしてプリーズ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ


昨晩早めに寝てしまったこともあり、今朝は4時半に目が覚めてしまって朝食時間までダラダラして過ごし、7時に全員でホテル4Fのレストラン(昨晩の夕食もココ)にてバイキングの朝食。野菜炒めなどほぼ台式のおかずがメインで可も無く不可もなし。まあ小ぶりの肉まんが美味かった。

ガイドブック風に書いてみるとこんな感じかな。
【朝食バイキングは台湾家庭料理風の素朴なお料理を中心にサラダバー、各種パンやドリンク類をご自由に。台湾の朝食の定番である「お粥」や「饅頭」と、地元の野菜料理を中心にしたお粥にマッチしたヘルシーメニューが並びます】

食事を終えて朝の空気を吸いに先に1人で外に出たところちょっとした事件発生。

なんと私の後を追って出てきた縮小コピーが私と間違えて別の観光客のオッサンと手をつないで階段を下りようとしてます!さらに縮小コピーの後を歩いてた婆ちゃんが急いで日本語で「○○違うよ、その人パパじゃないよ!」と縮小コピーを呼び、オサーンにはやはり日本語で「すいませーん」と謝ってます。オサーンのほうも最初は驚いていたようでしたが、そのまま笑顔で階段を下りながら何度も縮小コピーへ振り返り「バイバ~イ」。オサーンも良いぞ。

事件発生現場。すがすがしい青空です。
CIMG1537.jpg

ホテルの人に聞いた所ここから九族文化村へは約1時間半の行程とのことで、9時にホテルを出発します。
また来るヨ~ (´∀`*)ノシ バイバイ
CIMG1556.jpg

ここ谷關から九族文化村へは和平から埔里方面へ抜けるんですが、割と険しい山道を抜けていかねばなりません。
しかしあまり調子に乗って飛ばすとみんな車酔いしそうなので、平均40~50km/h且つコーナーではほとんどアウトインアウト&ほぼエンブレのみで減速という超安全(省燃費)運転にて山越えをいたします。どのくらい「安全運転」かと言えば、きついカーブでも車内で寝ている人の頭がほとんど動かない位と言えばお分かりになるでしょうか?

ここの道も一般的な台湾田舎山道といった風情ですが東部などとの最大の違いは、なんと山全体がビンロー畑になっているんです!
山の上のほうまで全部ビンロー。いや、これはすごい!
CIMG1568.jpg
でもこんなにビンローばかりだといずれ禿山になりそう><

道そのものは田舎と言うこともありそれほど複雑でもなく、ほぼ道なりに行くと埔里に出ます。埔里まで出れば九族文化村まではあと少し。ただ車酔い防止の為あまりにゆっくり走りすぎたこともあり、結局谷關から2時間かかり11時ごろやっと九族文化村に到着。まあ裏を返せばゆっくり走っても2時間あれば着くと言う事にもなりますが。

園入口ゲート。ここでクーポン券を見せて入場。支払いは「清潔費(小型車)」なる駐車代49元のみ。
CIMG1569.jpg
さらにゲート。ここでは先ほどの「清潔費」領収書を見せて通過します。
CIMG1572.jpg

駐車場に車を停め、いよいよ九族文化村へ。
落下傘絶叫マシーン。「昔」はこんなの無かったぞ。
CIMG1573.jpg

今日も青空の広がるいい天気でしたが、ここは山の上で標高があるせいか、正午前にもかかわらず確かに暑い事は暑いのですが、「ハワイの暑さ」とでも言いましょうか湿気が少なくからっとした暑さで不快感は昨日ほどではありません。 

メインのテーマパークに入る前にまずは欧風庭園を一周する列車に乗ります。これでつかみはOk。
CIMG1579.jpgCIMG1585.jpg

ここ「九族文化村」は「花蓮海洋公園」と同様、山の斜面沿いに遊園地が作られているので、まずは一番上に上って遊びながら下に下りてくるのがベストです。

以前(10年以上前)に来たときは下から一番上まで園内バスしかなかったのですが、今はロープウェーが出来てます。これも「花蓮海洋公園」と同じですね。ガラス張りのゴンドラもなかなかカッコいいな。
CIMG1600.jpgCIMG1601.jpg

ガラス張りなのでゴンドラ内は蒸し風呂状態かと思いきや、上窓が開いて山風が入るのでそれほどでもなくそこそこ快適でした。
第2期工事が完成するとこれが「日月潭」まで延伸するとか。

頂上方面。
CIMG1610.jpgCIMG1606.jpg

麓方面。青空!
CIMG1613.jpgCIMG1616.jpg

ロープウェイ終点(一番上)にある原住民風展望台と展望台からの景色。
CIMG1624.jpgCIMG1628.jpg

ここでさすがに腹が減ったので、展望台近くの食堂で昼食。
ここはいわゆる「麺飯」と野菜炒めなどのまさに台湾風食堂なんですが、さすがに観光地というか遊園地だけあって、高い不味い長蛇の列の三拍子><
オマケに野菜炒めだけはオバチャン(写真)が注文後炒めてますが、それ以外はあらかじめ作り置きしてバケツみたいな「ずん胴」に入ったものを皿によそって出来上がりというあまりにも安易な調理です。
しかしこの環境で作り置きしてもし「当たったら」すごいことになりそうな。。。
CIMG1629.jpg

義父と日本婆ちゃんは湯麺、太太と台湾婆ちゃんはスープ。あと義父の要望で野菜炒め筍炒めをオーダー。
私は定番「排骨特餐」なる排骨飯とスープのセット(140元!)をオーダーしました。
これで140元です!!(´・ω・`)ショボーン
CIMG1630.jpg

教訓:九族文化村では「麓」のレストランで飯を食いませう。

~後編に続く~
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

台湾中部(苗栗/台中/彰化/南投/雲林) | 23:48:07 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
いやいや
おはようございます。
景色を楽しませていただきありがとうございます。
しかし、どうしても食事の方ばかり見てしまい、朝っぱらかすいません。
平穏無事な旅でほっとしました(笑)
こちらの方はかなり落ち着いてきたようです。
貴方のような台湾生活を書いてらっしゃる方のブログも総じて、トラブルは無いようですし、報道は日一日と新しい情報になりますので(それもどうなのかな)
とにかく、交流が盛んとはいえ国交が無い国で、最前線?にいる貴方のご活躍をこっそり覗いております(笑)
2008-06-26 木 06:00:00 | URL | ゼンマイゼロ戦 [編集]
Reいやいや
ゼンマイゼロ戦様こんにちは。

>景色を楽しませていただきありがとうございます。
しかし、どうしても食事の方ばかり見てしまい、朝っぱらかすいません。

いや景色はともかくとして、食事は「遊園地仕様」でした(汗

>平穏無事な旅でほっとしました(笑)

ありがとうございます。まあ「いつもの台湾旅行」でした。

>こちらの方はかなり落ち着いてきたようです。
貴方のような台湾生活を書いてらっしゃる方のブログも総じて、トラブルは無いようですし、報道は日一日と新しい情報になりますので(それもどうなのかな)

まあ当ブログはあくまでも「絵日記」であり「時事系ブログ」ではないのでスルーしてますが、例のマスコミ日本叩き報道がぱったり止み、逆に最近では(日本への)ゴマすり報道まで出てくる始末です(笑

>とにかく、交流が盛んとはいえ国交が無い国で、最前線?にいる貴方のご活躍をこっそり覗いております(笑)

最前線にてダラダラ書きなぐっているだけですので(笑、お気楽にご覧下さいませ。
2008-06-26 木 13:39:02 | URL | 管理人 [編集]
觀光園區裡面的餐點不都是又貴又味道普通嗎 ^^;這是沒辦法的。
2008-06-26 木 16:28:09 | URL | 天然路癡 [編集]
天然路癡小姐晚安

>觀光園區裡面的餐點不都是又貴又味道普通嗎 ^^;這是沒辦法的。

嗯.我也早就知道了(´・ω・`)ショボーン
2008-06-26 木 23:03:04 | URL | 管理人 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する