FC2ブログ
 
■プロフィール

tw_dot_com

  • Author:tw_dot_com
  • 台湾人を嫁にもつ台湾に生きる日本人。日台混血二重国籍の息子と3人家族です。

    愛車は2016年12月ミニバン・トヨタウィッシュから買い換えたミニバン・トヨタシエンタ(台湾仕様)と2018年11月ハイブリッドカー・レクサスCT200hから買い換えた嫁用BMW120iMスポーツ(直噴ターボFR)で台湾中走り回ってます。
    続きを見る

■「YAHOO!JAPAN」に登録されました!
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■こちらにも参加してます

にほんブログ村 車ブログ 車 国産車へ

■こちらにも参加してます

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ

■こちらにも参加しています

アジアンブログランキングはこちらへ

■PVなんたら

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

Since Aug, 26, 2007

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

花蓮一泊旅行2日目~雨で大幅予定変更
花蓮一泊旅行2日目。

昨夜は雨でしたが今朝は快晴とまではいかないものの、青空も出てまあまあの天気です。

花蓮中信大飯店からの朝の景色
花蓮中信大飯店からの景色 ↓ここをポチッとしてプリーズ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ


今日は天気も良いのでタロコ(太魯閣)渓谷でも行くかなと思ったのですが、今回のメンバーはすでにタロコ渓谷体験者ばかりでホテルの朝食バイキングの折にも「タロコはもういいよ」との声も聞こえてきます。

確かにあそこの景色は雄大ですが何回行っても変わらないしね(´・ω・`)
縮小コピーは乳母車時代に行っただけで印象は無いと思いますが、まあ君は将来彼女とでも行って呉!(笑)

ということで「民主的」に多数決を取り急遽北海岸の「野柳」へ行き先を変更いたしまして早速北上開始。

途中花蓮土産を買い込みおなじみ蘇花公路へ入ると、なんだか雲行きが怪しくなってまいりました。

崇徳休憩所から清水断崖(北)方面。宜蘭方面は雨雲らしき雲が。。。やはりタロコ渓谷&液香扁食リベンジが妥当だったか?
崇徳休憩所より清水断崖

気を取り直してさらに進むとトンネル内で大渋滞!
もう完全に動かない状態で、トラック運ちゃんのオサーンも外に出てお手上げ。私もだいぶ前のほうまで偵察に出たのですが相当前まで詰まってます。事故?工事?もう訳分らん状態です。
トンネル内で動きがとれず

歩いて偵察に出た際に太太に「もしこの渋滞が動いたら運転してきて途中で拾うが良い」と言い残し、偵察に出た際、普段はまず見られないトンネルからの岩場まで撮っちゃいました。
蘇花公路の岩場

渋滞待ちで写真撮ったりしてマターリしてたらまた流れ始めまして、途中で車を停めて車に乗り込みます。すでに「渋滞待ちの同志」と化していた後ろのトラックの運チャンに軽く手を挙げると向こうも「分かってるよ、お疲れ」という風に手を挙げて待ってくれてます(笑)

走り出してトンネルを出ると事故でも無く、また工事でも無く、結局あの渋滞は何だったのでしょうか?

走り出してしばらく太太が運転していたのですが、途中で「やっぱり山道の運転は嫌だ」とか言い出したので清水断崖で運転手交代。
清水断崖

清水断崖を越えた和平あたりで雨が降り出しまして時折強く降る中、昼過ぎに宜蘭実家到着。
すでに太太から連絡していたので、宜蘭実家にて義母の手料理で昼食といたします。

昼食の後、すでに本格的に雨が降り出したので北海岸観光はちょっと無理目。特に野柳は海辺なので無理ありすぎでしょう。


そこでしばし脳内サーチ。


ピコーン!

そうだ長榮海事博物館戦艦大和見に行こう!ここなら雨も心配ないシナ。

長榮海事博物館というのはコンテナで有名な長榮海運(エバーグリーン)が今年開設した船の博物館で、なんと戦艦大和やさまざまな船の精密模型があるそうなので、艦船マニアでもある私も一度行ってみたかったところです。

すでに時間は午後2時近く。博物館は5時までなので即効宜蘭を出発し、北宜高速を突っ走ります。

なんとか3時過ぎに海事博物館到着。
海事博物館

入口を入ったところに入場券売り場があり、入場料は大人200元、65歳以上は150元となっています(クレジットカード可)。

ここから先は写真撮影禁止でしたが、古代から現代までの船舶や艦船の精密な模型がありこれだけでも一見の価値ありです。何せ戦艦大和をはじめ日本軍の艦船模型が台北で見られるというのは感慨深いものがあります。
展示は中国語、英語ですが、タイトルには日本語も付いており日本人への配慮も感じられました。
あと子供用の船舶シミュレータ(無料)とかありまして、縮小コピーがめちゃくちゃハマッてたのも追記しておきましょう(笑)

閉館近くまでじっくり見て周り、ちょっと早めですがここから程近い公館の越南料理で夕食。

越南料理を堪能して蘆洲に戻ろうと太太の運転で(私はすでに飲酒済み)中山北路を走ってたらなんだかものものしいふいんき(なぜか変換できないw)。あの中山北路を半分封鎖してものすごい数の警官隊が警備してます。
ああ、例の中国代表(陳雲林氏)が来てたんですね。
国賓大飯店前で
↑この後反対派による暴動に発展したそうです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

台湾生活日記 | 23:23:21 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
蘇花公路での渋滞、大変でしたね。
途中トンネル内からの撮影は貴重な経験だったと思います。
私も車で通り過ぎる度に旧蘇花公路の跡を見てとても感動します。
CIMG5733でも見えますが、CIMG5741の水平線に凹んでいる所。
CIMG5738もそうかもしれません。
2008-11-15 土 13:55:28 | URL | sk [編集]
sk様はじめまして

>蘇花公路での渋滞、大変でしたね。
途中トンネル内からの撮影は貴重な経験だったと思います。

ご存知の通り、あそこで渋滞喰らってしまうと引き返す以外は逃げようがないんですよね。
まああそこのトンネルを歩いて撮影するというのはそれはそれで貴重な経験でした。

>私も車で通り過ぎる度に旧蘇花公路の跡を見てとても感動します。
CIMG5733でも見えますが、CIMG5741の水平線に凹んでいる所。
CIMG5738もそうかもしれません。

ここはトンネルが出来る前は崖沿いの1車線の狭い道路で、よく断崖から車が転落していたそうですね。
トンネルのある區間ではたいてい旧蘇花公路の跡があるようなので、時間があれば散策してみたいものです。
2008-11-15 土 16:19:58 | URL | 管理人 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

留学