FC2ブログ
 
■プロフィール

tw_dot_com

  • Author:tw_dot_com
  • 台湾人を嫁にもつ台湾に生きる日本人。日台混血二重国籍の息子と3人家族です。

    愛車は2016年12月ミニバン・トヨタウィッシュから買い換えたミニバン・トヨタシエンタ(台湾仕様)と2018年11月ハイブリッドカー・レクサスCT200hから買い換えた嫁用BMW120iMスポーツ(直噴ターボFR)で台湾中走り回ってます。
    続きを見る

■「YAHOO!JAPAN」に登録されました!
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■こちらにも参加してます

にほんブログ村 車ブログ 車 国産車へ

■こちらにも参加してます

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ

■こちらにも参加しています

アジアンブログランキングはこちらへ

■PVなんたら

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

Since Aug, 26, 2007

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

自強號で基隆遊
昨日の板金関係に続き今日はパーツ関係視察と打ち合わせ。今日と明日は台北縣樹林の樹脂成形協力業者が取りまとめの案内役です。
朝WISHにて客人をホテルでピックアップしてまずは樹林の協力業者へ向かい、ここで協力業者の担当が合流して「茶器」で有名な台北縣鷺歌のセラミックソケット業者訪問です。

磁器焼き窯。なんとなく「火葬場」を連想してしまいました。
焼窯 ↓ここをポチッとしてプリーズ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ


普通「鷺歌」と言えば「茶器」が有名ですが、陶磁器をセラミックと言い換えれば確かにソケット(碍子)も陶磁器なんですよね。

ソケットは焼き物用の土を型で固めて機械成形し、乾燥室で乾燥させた後上塗りして上記の窯で焼入れして生産します。

工場内はさすがに焼き物工場とあって土ぼこりがタップリ。まあ鷺歌観光では絶対に来ないところだなあ。

2Fの自動成形機。これで湯呑みたいなソケットを成形します。きちんと自動で内外のねじ山切り込みまで入れるとはなかなか。
セラミック碍子自動機

ここで成形された磁器を成形機隣の10畳くらいの乾燥室で乾燥させます。乾燥室の中心にはストーブみたいな加熱装置があり、ここでは灯油を常時燃焼させているらしく灯油ストーブのような日本人には懐かしさすら感じさせる燃焼臭がします(台湾では灯油ストーブほとんど無いので)。

乾燥させた製品は上塗りされて1Fにある焼き窯で1200度の高熱で焼きいれして完成。この窯では製品外観への影響と環境保護を考えてガスを使用しているとのこと。しかし「火葬場」ですねえ。
焼き窯2台

工場は鷺歌にあるんですが、社長一家は蘆洲に住んでいるらしく、聞いてみたら住居はウチのすぐ隣の通りで歩いて3分くらいのところで、我が家のマンションもよく知っているそうで昨日といい今日といい世間は狭いなあと思った次第。

無事視察を終えて工場近くの海鮮料理店でまたもや海鮮の昼食。こういう台湾「伝統産業」の人たちはなぜか海鮮で接待がデフォルトなんですね。
海鮮屋

のっけから宴会状態の上、次に訪問する銅加工の業者の社長も加わり昼間からの宴会はさらにヒートアップ。
しかしここの社長夫人すごいです。社長(旦那さん)ほっぽってひたすら客人や業者たちとビールで乾杯!
60近く(本人談)になるのにビールでひたすら乾杯しても顔色ひとつ変えない辺りはまさに女傑といった趣。オマケに我々「年軽人(若者、相対評価ではあるが)」にはひたすら「これ食べなさい、あれも食べなさい」とひたすら強制的に食わせられまして、まさに場を仕切る「おっかさん」状態。宜蘭の義母といい台湾にはこういった女傑が多いと改めて思い知りました(笑)。

食事を終えて、「おっかさん」も交えて途中参加の業者社長の案内で車3台連ねて今度は桃園蘆竹にある銅加工の業者訪問。

ここで既製品を使えば改めて金型開かなくてもOkということが判明し、客人が既製品サンプルを持ち帰って改めて客人仕様の指示図面を起こすことになり円満にコストダウンも図れて本日の視察終了。

なぜ午後早めに予定を完了したかと言いますと、客人が前から基隆に行ってみたいというので、今回は午後から基隆観光をセットしていたんです。

桃園まで一緒に来ていた樹林の担当者を「おっかさん」に任せて、まずはいつものように蘆洲に車を戻しに帰り、タクシーでそのまま台北站に移動。

台北につき、次の基隆行き列車時刻を見るとちょうど次の列車は「自強號」!

すでに客人は「台湾高鐵」「花蓮行き太魯閣號」「區間車」とも乗車経験があるので、PP自強號は初体験となります。

台北站にて基隆行き自強號。私も基隆行き自強號は初体験。
PP自強號

定刻に基隆到着。KEELUNGというのは書類ではよく見ますが。
基隆站到着基隆車站

基隆に到着しまずは桟橋を散策。しかし海巡署(コーストガード)にしろ台湾海軍にしろ結構身近に見られます。

今日は第二次大戦型アメリカ貸与艦船(大戦型駆逐艦?)が停泊してました。艦橋の丸さと艦尾の丸さが時代を感じさせます。
第二次大戦型艦船

基隆港を徒歩で散策し、中国造船辺りで台北から来た友人と合流。ここまで結構歩いたので友人の車(BMW)で基隆市内まで戻れるのはさすがに楽です。

今晩は趣向を変えて基隆の夜市で夕飯ということになってますので、車を駐車場に停めていざ夜市出撃。

基隆夜市にて知る人ぞ知る「三姉妹鍋貼(焼き餃子)」で餃子を肴にビール。
基隆夜市の鍋貼

↑ここは鍋貼と水餃子の屋台なんですが、きっちり台湾瓶ビールも出しているのでいつも立ち寄ってしまう屋台。餃子もハズレなしですよ。

そして「オア煎(カキの卵とじ」やおなじみ「鼎邊趖」などを食べ歩き。

客人もこの「夜市食べ歩き」には大層満足のようで、最後は海鮮屋台で黒鮪刺身などの肴をオーダーして生ビールで〆。
帰りは友人の赤のBMWで台北まで送ってもらいこれで今日の仕事は完了です。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

台湾北部(新竹/桃園/台北/基隆) | 23:03:15 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
基隆夜市
基隆夜市にて知る人ぞ知る「三姉妹鍋貼(焼き餃子)」で餃子を肴にビール。
⇒基隆夜市「三姉妹鍋貼」で餃子を肴にビールとは、2年程前に私も知人の女性に連れて行って貰いました。三姉妹の誰かと同級生と申していた記憶があります。北海岸からの仕事帰りに基隆駅にて待ち合わせ夜市に出没です。台湾の餃子は手作りの皮のため「もっちり」していてビールの友,主食としてもばっちりですね。
2008-12-15 月 20:42:24 | URL | maoh [編集]
Re基隆夜市
maoh様おはようございます。

>基隆夜市「三姉妹鍋貼」で餃子を肴にビールとは、2年程前に私も知人の女性に連れて行って貰いました。三姉妹の誰かと同級生と申していた記憶があります。

あそこは美味い上、瓶ビールを標準装備しているところが評価アップの要です(笑)

>北海岸からの仕事帰りに基隆駅にて待ち合わせ夜市に出没です。台湾の餃子は手作りの皮のため「もっちり」していてビールの友,主食としてもばっちりですね。

ご飯のおかずにする日本と違い、台湾では餃子は粉ものとしての主食扱いなので皮も厚くしている気がします。
ただこれがビールの友として大変有効に作用しているという点でまさに同意いたします!
2008-12-16 火 10:44:37 | URL | 管理人 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する