FC2ブログ
 
■プロフィール

tw_dot_com

  • Author:tw_dot_com
  • 台湾人を嫁にもつ台湾に生きる日本人。日台混血二重国籍の息子と3人家族です。

    愛車は2016年12月ミニバン・トヨタウィッシュから買い換えたミニバン・トヨタシエンタ(台湾仕様)と2018年11月ハイブリッドカー・レクサスCT200hから買い換えた嫁用BMW120iMスポーツ(直噴ターボFR)で台湾中走り回ってます。
    続きを見る

■「YAHOO!JAPAN」に登録されました!
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■こちらにも参加してます

にほんブログ村 車ブログ 車 国産車へ

■こちらにも参加してます

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ

■こちらにも参加しています

アジアンブログランキングはこちらへ

■PVなんたら

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

Since Aug, 26, 2007

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

鉄路で台湾一周3日目~國立科學工藝博物館編
鉄路で台湾一周3日目です。今日の高雄は朝から好天。

昨夜は早めにホテルに戻って休養した事もあり知本温泉からの高熱も何とか治まったようです。

さて本日の予定ですが、午後3時過ぎの台湾高鐵で台北に戻るので午前中~午後イチくらいまでは時間があるため、ネット購入したホテルクーポンのオマケで付いていた「國立科學工藝博物館」に行く事にいたします。
高雄科学工藝博物館 ↓ここをポチッとしてプリーズ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ


まずはホテルの朝食バイキングでガッツリ朝食を食べてからホテルをチェックアウト。荷物が多いのでホテルのクロークに荷物を預けて身軽になってから高雄科学工藝博物館を目指します。

こちらの博物館、MRTや鉄路沿いではなくバスでしか行けない様で、まずはMRTで接続バスのある「後驛」站に向かいます。

「MRT後驛」に到着し、バス路線を調べると紅29路線でいける模様。後驛站出口すぐにあるバス停で待つことしばし、まあそれほどバスに乗る客は居ないんでしょうか紅29マイクロバスがやって来ました(大人12元)。

ここから15分ほどで「工博」に到着。さすがに国立だけあって建物も立派です。
高雄科学工藝博物館2

館内では各階産業別ジャンル別に専門の展示コーナーがあり、それぞれ展示やアトラクション(有料)がありますが、ちょっと苦言を申しますと、
1.どの展示コーナーでも展示に深みが無いといいますか説明がおざなりで、学問としてはちょっと中途半端な感じでした。
2.桃園空港第二ターミナルのような一貫性の無い無駄に歩かせる経路で、館内の作りがわかりにくい。
3.企業協賛が多すぎ!
4.アトラクションもあまり「科学工藝」とは関係ないような。。。

ということで台湾の公共施設などによくある「中学校の文化祭発表的」な「変な子供っぽさ」が感じられました。

台湾空軍のF104戦闘機のカットモデル(本物)ですが、これって台湾の科学工芸品ですか??というか台湾空軍のF104って三菱重工製でしょうに(笑)
台湾空軍F104戦闘機

↑上の三菱重工製について以下ちょっと薀蓄。

*航空自衛隊が米国ロッキードF104を採用。但し日本は戦後貧乏だったので米国から貸与

*航空自衛隊はマジメなので訓練などで結構酷使される

*米国との貸与契約が切れる

*しかし自衛隊はマジメに訓練やスクランブルで酷使してきたので米国製貸与品はボロボロ

*結局律儀に三菱重工で新しくF104作り直して米国に返還

*米国は日本から「返還」されたF104戦闘機(三菱重工製)をそのまま中華民国(台湾)に貸与

上記の経緯から台湾空軍のF104は実は日本製ということらしいです(笑)

薀蓄終わり。


お昼過ぎになったので、また来た時の反対ルートで後驛に戻ったんですが、バスが全然来ません。
やはりマイクロバスで運行するようなルートは便数も少ないんですね。

高雄MRT後驛站
後驛

とりあえずMRTで三多商圏に戻りホテル近くのメシ屋で排骨飯の昼飯。ここは激マズだったので写真とかスルーいたします。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

台湾南部(嘉義/台南/高雄/屏東) | 13:56:12 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

留学