FC2ブログ
 
■プロフィール

tw_dot_com

  • Author:tw_dot_com
  • 台湾人を嫁にもつ台湾に生きる日本人。日台混血二重国籍の息子と3人家族です。

    愛車は2016年12月ミニバン・トヨタウィッシュから買い換えたミニバン・トヨタシエンタ(台湾仕様)と2018年11月ハイブリッドカー・レクサスCT200hから買い換えた嫁用BMW120iMスポーツ(直噴ターボFR)で台湾中走り回ってます。
    続きを見る

■「YAHOO!JAPAN」に登録されました!
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■こちらにも参加してます

にほんブログ村 車ブログ 車 国産車へ

■こちらにも参加してます

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ

■こちらにも参加しています

アジアンブログランキングはこちらへ

■PVなんたら

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

Since Aug, 26, 2007

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

長期アテンド1日目~新竹1泊出張で泊まった連れ込み宿に脱力
縮小コピーの幼稚園では本科?以外に有料(各1000元前後/月)で「課外学習」なるお稽古プログラムがあり、縮小コピーにも「日本語(週2)」「柔道(週1)」「和太鼓(週1)」「美術(お絵描き、週1)」「音楽(週1)」「水泳(冬なのでお休み中、週1)」とほぼフルにやらせています。それで本日午前中天母にて縮小コピー幼稚園の課外学習(の発表会があり、宜蘭から来ていた義妹たちも一緒にお決まりのビデオ撮影。昼前に発表会が終わり台北市内永康街の日本料理屋で昼食。

そして夕方から今日(2/22)から3月3日まで昨年11月から新たに始動した新規の仕事で連続10日間にわたる九州の某プラントメーカー出張者アテンドです。

元々このメーカさんは以前台湾にも相当数の官需用プラントを売り込んでいたのですが、当時の台湾代理店が不義理した上無くなってしまったとかで、もう何年も台湾市場がほったらかしになっていたのでメーカー側が先述の私の元上司に相談したところ、新しい台湾側代理店として私に白羽の矢が立ったということらしいです。それで昨年テストケースとしてある小案件をウチが扱わせていただいたのですが、
朝9時過ぎに台湾客先宛見積提出→昼前には受注→翌日T/T送金
という当方の超スピード対応を見てウチがお受けする事に決定したようで今回元上司も含めメーカーさん及び台湾既存顧客に対する顔見世含みで長期アテンドとなったわけです。

メーカさんたちは24日(火)午後に九州から台湾入りということでしたが、まずは元上司と別案件で23、24の両日にわたり新竹と台北の市政府担当部署を訪問する事になっているので、元上司が今夕一足先に台湾入りすることになっており事実上今日からアテンド開始です。 ↓ここをポチッとしてプリーズ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ


今夕台湾入りする元上司と明日23日(月)朝9時半に前回訪問した台湾顧客と一緒に新竹市政府訪問の約束があるのと、元上司が歩行不自由なこともあり、空港で元上司をピックアップのあと私も新竹で前泊することにして前日eztravelでホテルをネット検索したところ新竹駅前の「そごう」正面のホテルで1泊800元&1000元を発見。いつもの「安宿グセ」で早速私用に800元、元上司用に1000元の部屋を予約済みです。

ちなみに前々日にこのホテルを予約した際の太太との会話:
私:「日曜は○○(元上司)さんと新竹に前泊するよ」
太太:「いいけどどこ泊まるの?」
私:「○○に泊まるよ」
と軽く応えたところ、それを聞いた太太が勤務先で使っているという旅行社の友人に「新竹の○○大飯店ってどう?」とか電話をかけ始めました。太太の勤務先は日系液晶検査装置会社なので新竹あたりは私より情報源あるようで。
電話調査の結果、どうも私が予約したホテルは「賓館」を改装した「ホテル」と判明。「賓館」ってのはぶっちゃけ「連れ込み木賃宿」です(爆)

しかし私は一人の時は木賃宿好き(笑)だし、元上司用には上部屋(1000元)を予約したので「全然平気♪」と答えて太太のホテル変更アドバイスも華麗にスルーいたしました(後で超後悔しますが)。

夕方TIIDAで空港までお迎えに行ったところ、なんと元上司(私の父親と同い年)空港職員の付き添いによる車椅子でご登場です!
まあ足が悪いのはわかっておりましたが車椅子での登場とはビクーリ。本人は成田でも台北でも車椅子だと空港内を歩かなくて良いしいろいろフリーパス状態になるので楽だとあっけらかんとしてましたが。

夕食前にまずはホテルにチェックインということでそのままホテルのある新竹駅前に向うと、さすが「そごう」前且つ駅前通りなのでニギヤカ。今宵のホテルは一見普通のビジネスホテル風です。

ホテル前に車を止め元上司と荷物を先に降ろしてホテルのフロントで駐車場を聞いた所、結構気さくな感じのフロントの兄ちゃんが一緒に案内してくれるという事でそのまま兄ちゃんを横に乗せてちょっと離れた駐車場に車を停め、一緒に歩いてホテルに戻ります。

フロントに戻りチェックイン。チェックインしている間も「色黒な人」たちや台湾の若いカプールが次々と「休憩」で入ってきます。。。(こりゃマジで連れ込みだわ)。
チェックインを終え元上司と私の部屋は同じフロアだったので兄ちゃんが元上司の荷物を持ってくれてまずは元上司の部屋に案内。元上司は1泊1000元の部屋で机などもあり割と広い部屋でしたが、引き続き入った私の部屋(1泊800元)はほんとにベッドとシャワールームだけでほとんど足の踏み場も無いような連れ込み仕様ですorz

そして部屋の液晶TVにはこんな表示が。。。
顧客対象は
なんとなく「顧客層」がわかって来たぞ。。。

「連れ込み仕様」はともかくさすがにPCも置けないような部屋ではなんなので、フロントに内線電話で「追い金払うから元上司と同じ部屋に変更してくれ」と要求したところ、フロントの回答は、

そのタイプのは今晩空きが1部屋ありますが今休憩で使用中なので8時まで待ってください。

ゲッ!今現在休憩で使用中(なぜかピンク文字で、笑)ですか、ああそうですか。。。orz

でも当初の安部屋よりは多少マシと判断し、変更してもらうことにして元上司と夕食に出かけようとエレベータに乗ったところ、先客に「休憩」を終えたフィリピーナと思わしき男女カプールが。
さらに1Fのフロントに降りるとさらに外国人労働者カプールたちがチェックインを待っておりますた。

やはりここは「外労(外国人労働者)」御用達の連れ込みホテルだったようで(核爆)

元上司も「こりゃ連れ込みそのものだ」と笑ってます。すんません・

とにかく8時過ぎに先客の「休憩」が終わるまで部屋にも入れないですし、元上司の足も悪いので近場で時間が潰せそうなところということで、ホテル正面のそごうに入ったところちょうど13Fに飲茶レストランがあったので、ビールなぞ飲みつつ飲茶の夕食。

8時ごろになり「もういいだろう」とホテルに戻ったところ、フロント曰く「延長になりました

ご休憩延長戦かよっ!#`Д´)凸

あ~太太のアドバイスを聞いておけば良かった。。。元上司も大爆笑してるし。。。

仕方なくビールなどを買い込んで元上司の部屋で話をしながら待たせてもらうことにしたのですが、この「他人のご休憩待ち大人の話ね」はひたすら悲しいっすorz

9時半過ぎにやっと「ご休憩」と掃除が終わったようで、フロントから内線で連絡があり元上司の部屋をお暇してちょうど1フロア下の今夜の部屋に入ります。

一見普通のビジネスホテルの部屋ですが、すぐ直前まで延長戦」が行われていた訳で。。。
ご休憩後
人間「知らなかったほうが幸せ」なことってありますよね?

他の客がどうであれ普通にチェックインできていれば良かったんですが、知ってしまうと気持ち悪くて結局着替えるのも嫌になって明日シャワー浴びてから着替える事にして風呂にも入らず酒喰らって寝ましたよ。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

台湾北部(新竹/桃園/台北/基隆) | 23:23:28 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する